FC2ブログ

2007-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨夜オナニーしたときに、頭の中にBさんが浮かんだ。
 全く初めてのことだと思う。Bさんチンコはでかかったな。完全に剥けてて。Bさんの美点は顔と性格とチンコか。

 >誘惑して一発やっちゃいなさいよぉ・・・・・

それは無理ってものだって。見込みはあるんだけどなー


拍手機能をつけましたので、もしよければ拍手をおくってやってください。コメントもどうぞ。

>FC2拍手って何?
>
>面白い・感動した・非常に興味深い等の記事に、
>拍手を送れるようになりました。
>拍手を送るには、記事の一番下にある拍手ボタンをクリックするだけです。
>どうして拍手を送ったか、短いコメントを添えることも出来ます。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
関連記事

 Wさんの所に催促に行ったら、結局手つかずだった。自分から言い出したことじゃないか。それなりの費用とリスクをかけて用意したのに、全く無駄になってしまった。あれは、大勢いる会議での単なるアピールだったのかな。まあ、業績はよくなってきたし、ちょっと忙しくなってるのだろうから、なかったことにしてやった。Wさんとしたら、やっかいが一つ減ったくらいの感覚だろうか。もっと感謝しろよ。
 それに比べてBさんはかわいいなぁ。今度の宴会にBさんも誘うことになり、幹事からBさんに声をかけてほしいと言われ、メールした。すぐに返事が返ってきた。

>会費は体で払ってもいいですか?

 なんじゃそれ。

 若いサラリーマンの二人。酔っぱらっている方はちょっと太目。薄手のズボンの生地がぱんぱんになってる。もう一人が肩を支えて階段をのぼっていくのを、後ろから見ていた。
 急に小便したいと太い方が言いだし、今にも立ち小便しそうになったが、もう一人が制して、駅のトイレに連れていってしまった。残念。
関連記事

ゆたかさんのご要望

↓グロ注意(既出の精液画像です)
俺に対してきれいなイメージをお持ちの方は見ないでください
(そんな人はいないか…)
関連記事

 ヘルシアからフラバン茶に変えようかと思ったが、野茂がCMにでてるZ7を買った。トライアル需要という奴。野茂太ったな。映画トップガンのテーマソングもなつかしい。「現役続行!大人の必須ミネラル亜鉛配合」って、俺はすぐに男性機能を連想したが、それでいいのかな。薬事法とかで、制限があるのだろうけど、そうじゃないのなら、何にいいのかよくわからん。
 以前、亜鉛のサプリメントを飲んでいたので、不味いかなと躊躇したが、かぼすの味がした。なぜ亜鉛を飲んでいたか。そりゃ精液を増やすために決まってる。精液が増えると射精時間が長くなり、快感が長く続くと聞いたからだ。
 酔って帰ったとき、コンビニで亜鉛のサプリメントを買ったら、顔なじみの店員が「それ、なにに効くんですか?」と話しかけてきたので、股間を指差した。それだけのことだが、あとからなぜか恥ずかしくなってしまった。
関連記事

あしたの仕事は気が重い。

Wさんも全く脈がない。

フラバン茶のCMがちょっといいな。
ピエール瀧だったのか。やっぱりいい。
昔、この人が全裸になって前を両手で押さえてる写真が雑誌に載っていて、何度かお世話になった。
アリナミンの「おつかれさまです。ビジネス編」が好きだ。
弁当を食べてる時に、携帯に取引先?から電話がかかってくる
シーンがいい。
シチズンの定年退職の日のCMもいい。
シチズンのサイトに行ったが、どこにあるのかわからなかった。
関連記事

 2ちゃんねるは、Janeで読んでいるから、全然知らなかったが、IEで見たら、「おすすめ2ちゃんねる」というのがあって、「このスレを見ている人はこんなスレも見ています」ということがわかるようになっている。
 俺の隔離スレのおすすめには、「こんな所に○○サウナ」があがっていた。ちょっと驚いた。実は、このサウナには何度か行ったことがある。
 一般サウナなのに、発展を公認した別室がある不思議な所だ。ここに関しては、予備知識がないときでもなんとなく発展場の予感はしていたが、2ちゃんねるで驚異の実態を知ってしまい、数年前におそるおそるチャレンジしてみた。
 しかしそれがいきなりもてたのだ。サウナ室に入るとまだ汗が浮いてくる前に、丸顔短髪のおじさんに腕をぎゅっと握られ「上に行こう」と誘われた。ビギナーズラックか。さすがに都会は違うと関心したものだ。
 でもプレイがダメだった。おじさん、俺のマグロっぷりに愛想をつかしたみたいだ。
 この成功体験から、以後何度か足を運んだものの、成績は2勝8敗という感じだったので、最近は全然行ってない。
関連記事

 ある電気店の携帯売場で、なぜか店員が脚立の上に座り、上から呼び込みをしていた。むっちりした四角い顔の30位の男性店員だった。黒のぴったりとしたズボン。ちょうど俺の目線に彼の尻。脚立の天板がくい込んでる。危うくナンバーポータビリティしてしまうところだった。

全文を表示 »

関連記事

酔っぱらって文章が書けないから、画像。
それも評判の悪い肉割れ画像。
(これももてない原因か)
関連記事

 俺が何の迷いもなく発展場に行っていると思いますか?
 入口で通り過ぎたり引き返したり、人通りがなくなるのを見計らって、一気にドアを開けて入る。そういう意味ではない。そりゃ、20代の頃は本当にそんな感じだった。最初ドアに「会員制」と書いてあるのを見て、会員登録が必要なんて雑誌の広告にはなかったぞ!と怒ったものだ。すぐに公衆電話から問い合わせてみたところ、「事情をおわかりなら入っていただいて結構です」と言われた。
 さすがにそんな初々しい迷いはなくなったが、今でも別の迷いはある。後ろめたさはちっともなくなっていない。発展はスポーツだとか言ってた人もいたが、そんなに爽やかな気分には到底なれないぞ。
 また来てしまった。満足などほとんど得られないことはわかっているのに。いつもそんな風に考えている。時間の無駄ではないか。発展に費やしている時間をなにかもっと建設的なものに使ったらどうだろう。例えば外国語とかな。
 それとあと病気。ほとんどやっていない癖に、一人前に悩むのは杞憂を通り越して、滑稽かも知れないが、用心に超したことはないだろう。でも、こんなに貧しい性生活をおくりながら、病気になったら、本当に不幸としか言いようがないな。
 そんな風によくわかっているはずだが、今日も発展場へ行ってしまった。しかし、ばっちりセーフで決めてきた。もうわかると思うが、そうだ、また自分一人で出してきたよ。
関連記事

 今日は冠婚葬祭関係でN市へ行った。礼服を着た男はなんであんなにいやらしく、また魅力的に見えるのだろう。しかし最近はダブルのいかにもな礼服は減ってきてるようで残念でもある。(そういう俺のも普通に着られそうなやつだ)
 一人で来ている30代のある男が、なんとも可愛かった。トイレに立ったときに追いかけようとしたが、ちょっとタイミング的に無理だった。どういう関係の人なのかわからないが、おそらくもう二度と会うこともないだろう。
 帰りの電車の中、やたらといい顔をした男が目に付いた。出来れば発展サウナに寄りたいところだが、連れがいるのでおとなしく帰ってきた。
関連記事

 年取るほどにコンプレックス、(特に容姿に対して)は薄れてくる。「汚尻」については、全然ピンとこない。肉割れで病院に行ったのも、もちろん美容で行ったわけではなく、なにか重病の初期症状かもしれないと思っただけだ。
 まず太ってることを何とも思ってない。それは、自分がでぶ専でもあるからだろう。(健康管理としては気になっているが)昆虫体型というのも、特に醜いとは思わない。俺の労働と生活の結果なのだから。
 俺は禿げないみたいだが、禿げてても多分気にしないと思う。やはり自分はフケ専でもあり、禿も好きだから。俺の頭は、かなり白いものが混じってきたが、同様の理由で染めようとは思わない。
 ただ、歯はちゃんとしておきたいと思ってる。
 しかし他人の歯には寛容。例えばKKさん(12月にX市へ会いに行った上司)は、前歯が1本欠けていて、残っている歯もタバコのヤニで変色しているが、できることなら苦しいくらいのディープキスをしたいと切に思っていた。
 さらにKKさんは頭頂部が少し禿げていて、周辺の髪は脂性。徹夜麻雀の後など、タバコと汗で匂うのだが、それを嗅ぐのがたまらなく好きだった。KKさんがいましがた使っていたトイレの個室に入ると、KKさんの髪の匂いと便臭が(もうこの辺でやめておきます・笑)
 
関連記事

肉割れ

 肉割れは気になってた頃があった。その時は太ももにできた筋がなにかわからず、ある皮膚科に行ったら、急激に成長(肥満)したから、皮膚がついてこれなかっただけで、心配ないと言われた。
 それから数年後、その皮膚科に再度見てもらった。水虫だ。同じ先生だった。ズボンを脱いで横になれと言われ、そのとおりにした。ひととおり、患部の足の指を見た後、なぜかパンツのゴムの辺りを掴んで、さっと脱がされてしまった。そして、素早くチンコを見てすぐに元に戻した。またまたドクハラかと思ったが、多分インキンを隠しているのではないかと疑われたのだろう。その時は、薬をもらって終わり。
 そしてまた、胸や腹がなぜかかぶれたので、またこの病院へ行った。上半身を脱いで診察をうけたが、結局今度もパンツを脱ぐように言われてしまった。おかしいとは思いながらも、チンコを見せた。先生はやはり一瞥してから、収納するように言われた。
 なんでそんなにチンコを見たがるのだろう。あいつ、ホモ医者かな?だとしたら、変な噂がたてば病院潰れるぞ、とか思いながら玄関をでて、看板を何気なく眺めた。「○○医院 性病科」どこにも皮膚科とは書いていない。ここは、性病の専門だったのだ。以前は確かに皮膚科もやっていたのに、どうやら性病科に「選択と集中」したみたいだった。
 俺は性病の症状を言い出せないシャイな患者だと思われてたのかな。先生は、痺れを切らしてチンコをみたわけだ。
関連記事

メイ〇喫茶に行ったときのチェキ写真が出てきた。
関連記事

 アナル挿入画像のリクエストがあるが、一体何を挿入しろというのかな。座薬か。
 もうかなり使ってないので、チンコも何も入らないと思うぞ。そこを根気よく指導してくれるような人がいれば別だが。
 以前にも書いたが、20代の頃、市役所勤務の年上の人に、小指から順に丁寧に馴らしてもらったことがある。俺は、歯をくいしばりながら、腰に枕をあてて、でんぐり返って訓練を受けた。しかし全然、気持ちよくならなかった。やがて小指が人差し指に昇格したとき、ちょっと何かが来た感があった。(あ、これか。これが前立腺を刺激しているのか。これは掴んだかな。よし、力を入れたらいいのか)次の瞬間、ドライオーガズムではなく、でかい屁をしてしまった。俺は飛び起きて、平謝りに謝った。でも、その人はちっとも怒らず、作業を続けてくれた。
 しかしその甲斐もなく、かろうじてチンコの受け入れは出来るようになったものの、結局身につかなかった。以降10回くらいは入れられた経験があるが、ほとんど「痛たたた」と呻き、任務を全うしたことはほとんどない。 
 5年程前、ネットで知った前立腺刺激ツールに興味を持ち、通販で購入した。入れるのは簡単だったが、何時間たっても全く何事もおこらなかった。最初から1度や2度では、だめなことはわかっていたが、根気がなく続かなかった。

 そういうことで、そのリクエストには残念ながらこたえられない。
関連記事

 朝、廊下で部下を連れて歩くWさんとすれ違う。挨拶を交わす。全員ちゃんと上着を着用している。さすが〇〇部。カッコいいなー。
 今日の会議ではWさんの正面に座った。Wさんが発言する時は、必ず俺を見て喋る。大きな眉が踊るように動いて、男らしいのだが、タレ目だから可愛いい。
 あーまた好きになってきた。
関連記事

 Wさんに依頼したモノを催促した。かなり控えめにしたつもりだが、ちょっとうるさそうだった。俺の所を利用するときは下でにでて、基本はシカトしとけばいいという感じか。ちょっと寂しい。こっちは、そんな古くさい予定調和的なスタンスで仕事はしてないんだがな。腹を立てながらも、Wさんのケツを見ていた。厚みもあるが幅もある。
 Wさんは会議中も携帯を見る。どうやら、ちょっとした仕事のデータを入れてて、参照しているみたいだ。エクセルやPDFも携帯から見られるらしいが、使ってる人もいるのだ。
 しかし休憩中、人目を気にしている風に触っているのは、もしかしたら出会い系かもしれない。ならば、ネカマをしてでも、近づいてみたいものだ。Wさん、何で独身なんだろう。42歳ノンケ独身中年の性生活が見たい。Wさんブログやってくれないかな。
関連記事

 パソコンの調子がよくない。ファンが回りっぱなしだし、動きも重い。おまけにネットに接続しない。

 発展場へ行った。眠っていたら誰かが乳首を触りだした。目を開けたが、あまり気乗りのしない相手だったので、マグロでいた。
 ヘソを舐められて、くすぐったかった。やがて俺の両脚を持ち上げて玉裏や肛門周辺も舐めてくれた。指を入れそうになったので、慌てて脚を下ろした。なかなかいかせてくれなかったが、俺がその人のチンコを掴んで扱き出すと、俺のも強く擦りだした。
 射精は、溜まっていたので量が多い。まだ出きっていないのに手を止められたのがちょっと不満だった。逆にその人の射精はほとんど気付かないくらいだった。礼を言ってまた寝た。


>誰かに撮ってもらってるのかしら?

同僚に撮ってもらった。(裸のはもちろんセルフタイマー)
表情が違うかな。
関連記事

 気がつくと修正液は使わなくなっていた。10年以上前は、ワープロ打ちした資料の中の数値を、修正液で訂正してコピーするということをよくやっていた。しかし今では、部分の訂正ではなく、エクセルで全て再計算したものを印刷しないと、なんか不安だ。第一、紙に出力すること自体が減っている。
 いろんな修正液があるが、ペンタイプのがいい。使う前はよく振る。すると中の玉がかちかちと動き出す。その様がまるでチンコをしごいてるみたいだ。「その手つきいやらしい」と言われたことがある。中の玉は金玉か。ちゃんと扱かないと、先走りみたいな透明な液しか出てこない。白い液も、微妙に濃淡があったりする。思わずたくさん出して、汚してしまう時もある。
 以上、俺得意の貧相でつまらない日常をムリクリ(?)大袈裟に書いた。
関連記事

 新しいスーツ。出張では着ていったが、会社には始めて着ていく。と言っても誰が気が付くわけでもない。しかしBさんがいた頃には、めざとく指摘してくれたものだ。新しいスーツどころか、散髪、新しいワイシャツ、ネクタイ、機種変更した携帯、目の下の隈、爪、何でも異変はすぐに気付いて指摘された。やっぱりそれだけ興味あったのかな。

 Wさん、ゴルフするんだ。


関連記事

 フェラはされる方がいい。するのは顎が疲れる(俺はマグロだから)。もちろん俺がフェラすることもあるが、してるときに頭を押さえつける奴は、何か腹が立つ。そこまでお前に従属してないぞ、と。
 かといってさせることが支配かといえば、また違うような気もする。
 大事な所に歯を立てられたら…嫌な妄想が湧いてくるときもある。

まだ25くらいの頃、野外発展場で三十位の小学校教師とやったことがある。
 最初、横に立ってお互いの身体を触り合っていたが、その人、急に真剣になって、俺の真向かいに立った。そしてポケットから車のキーを取り出すと、ホルダーの方をつまみあげ、無言で、俺の顔の前でブラブラさせた。催眠術かとも思ったが、要は高級車で来ているから、カーセックスをしないかと誘っていたのだ。なかなか芝居がかった人だ。
 白いセダンに乗り込み服をぬいだら、その人は六尺褌を締めていた。学校行事のキャンプの帰りに寄ったと言っていたが、褌は一体何の必要があったのだろう。俺が六尺褌を上手く解いてあげなかったので、ちょっとしらけてしまったが、結局自分で脱ぎだした。すると、物凄い匂いを放つ細長いチンコがでてきた。夏のキャンプで数日間風呂に入ってなければ当然だろう。俺は先にフェラしてもらっていたので、拒否しづらく、勇気を出して口に含んでみた。塩辛い、外国のチーズみたいな味だった。
 終わって俺が車を降りようとした時、その人が腕を掴んできた。
 「これっきりで終わりですか?」
 また芝居じみた台詞。メモみたいなのを渡そうとしていたが、俺は「ええ、まあ」とか言って逃げてしまった。
関連記事

 「フェラをしない・させない」なんていうポリシーは持ってないよ。単にしてもらえないだけ。69やりたいなー。でも頭の位置を変えるのが照れくさい。
 一番興奮するのは、二人向かい合って起立して、勃起したチンコを2本重ねて手で扱くやつ。チンコのチャンバラ?あれやったらすぐに射精してしまう。
関連記事

 階段を駆け下りるWさんを下から眺めていた。がに股でなぜか股間を体の一番前に突き出してるみたいだった。軽く挨拶。今日はWさんとはそれだけ。
 

全文を表示 »

関連記事

 「痛かったら言ってください」
 人に入れてもらうのは、本当に久しぶりだ。何年ぶりかな。くすぐりに弱いので、ちょっとドキドキしてきたが、42のおっさんが動じるのもおかしい。それを悟られたのか、用心深くゆっくりと入ってきた。

全文を表示 »

関連記事

 Wさんへの興味は少々停滞気味。Wさんのなんとなく交流を避けるような雰囲気が目につくからだ。俺の部署がWさんの部署に対してうるさいことを言いがちな所だからだろうか。しかし俺は最大限、Wさんの動きやすいように取りはからっているつもりなのだが。
 苦手な部署で、自分に好意的な人間がいるなら、普段から、コミュニケーションがとりやすいはずなのに、そういうことにはあまり興味がないようだ。
 そのくせ、Wさんが俺に依頼事項があるときは、ちょっと卑屈な感じで近づいてくる。それがなんか寂しい。今日もやたら低姿勢で「お願い」しにきた。もちろん快諾したが、その直後には、もうよそよそしい。つれないな。
 多分俺は、Wさんより若いと思われている。年下なのに生意気な奴だという印象があるのだろうか。また、俺が吸収した側の会社の人間ということで、何かしら精神的なバリアがあるのかもしれない。
 色々考えていると、焦燥感が湧いてきて、腹立たしく思う。
 しかし、やはりあの容姿。Wさんを一目見たとたん、元のメロメロに即戻ってしまうのだ。
 今日はWさんのベルトのバックルがはっきり見えた。ブランドのマークがついた複雑な構造の留め具。そのおっさん臭さがいい。Wさんがバックルを外すいやらしいシーンを勝手に想像してみた。
関連記事

(モブログでの画像は全て大きなサイズに変更しました)

半分遊びみたいな出張だった。お面も連れてきた。
資料を鞄から出すときにお面を見られてしまった。

夜は付き合いで忙しく、やはり発展は出来なかった。
オナニーはした。
部屋はシングルでの予約が、ツインだったから、もし、
募集したら、来てくれるような奇特な人はいたかな。
関連記事

おまけ

これでどうか…
関連記事

では、これで許してください
関連記事

これで許してください
関連記事

部屋

この町の発展場はどこにあるのかな?
関連記事

お詫び

ご心配をおかけいたしまして申し訳ございませんでした。
また、いろいろレスをいただきありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
関連記事

«  | HOME |  »

プロフィール

恭介

Author:恭介
172×85×52

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。