FC2ブログ

2007-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治家

俺の世代は、非政治的な世代だと思う。
若い頃、政治的なことはカッコ悪かった。
とはいえ、昨日は俺も選挙には行ったが。
俺は老け専というほどでもないので、若い頃は、
政治自体もさることながら、政治家にも興味がなかった。
しかし、ある時期から政治家のおっさん達も、
射程距離に入るようになってきたのだ。
ちょうど自民にいたころの小沢一郎がちょっと気になっていたかな。
今は、石破、中谷、茂木、中川幹事長、岡田克也、西村真悟、
羽田功、江田けんじ…この辺はいける。


なんか、じんじんする。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
関連記事

かわいいなあ…このぅ

昨日の手をつなぐ話だが、ゲイタウンでもないかぎり、
やはり公にはできないものなのかな。
まあ、俺が心配することではないのは確かだが。

でも確かにゲイである俺ですら奇異にみえたり、
滑稽に思えることもあるな。
ずっと以前、勤務地が都会だったとき、
22時台の電車でも通勤帰りの客でかなり混んでいた。
車内で俺が目に付いたのは、ペアルックのセーターを着た
50歳くらいの男二人だった。
一人は雑誌さぶのイラストのあんちゃんを老けさせた感じで、
もう一人はぽっちゃり色白で、やや化粧しているような奴。
なにか小声で話していたが、ほとんど聞き取れなかったものの、
会話の端々に「たち」とか「ねこ」とか「あんこ」、「かっぱ」
なんてのが入っていて、猥談ぽかった。
さすが都会。こんな人もいるのだと驚いた。
15年くらい昔の話だが、そのときですでに古いタイプの
ゲイだなあと思ったものだ。
車内はすえた酔っぱらいの匂いが充満していた。
俺も含めて、まわりの乗客もこの二人に注目していた。
なにを思ったのか、突然さぶのほうが、色白のほうの鼻の頭を
親指でぐいぐい押しつけた。
「かわいいなあ…このぅ」っていう仕草だ。
そして二人とも満面の笑顔。
俺は最初、こいつら気持ち悪いなあと思っていたが、
この仕草を見て一緒に微笑んでしまったよ。
幸せのお裾分けをいただいたような清々しい気分だった。

迷惑かけてるわけではないのだから、二人が幸せならこのくらいの
ことをしてもいいのだろうな。

なんかじんじんする。
関連記事

特定の相手とほとんど付き合ったことがないので、
外で手をつないだ経験がない。
男同士が手をつないでいるのを初めて見たのは、
ゲイタウンと呼ばれる所へ行ってみたときだ。
やっとの思いでたどり着いたものの、
発展サウナがあるわけでもなく、かといって
ふらっと入れる店もない。
終電も近づいていたが、ポルノショップを覗いてから、
通りをぼんやりと眺めていた。
当時のソフトスーツをきた若者と中年が手をつないで
歩いていた。
「違う違う。誰専じゃないよ~」
などと大声で話していた。
ちょっとしたカルチャーショックを感じてしまった。
関連記事

中年になっても

>中年になってもハッテン場通いしてるのって萎え萎え

人様の感想にとやかく言うつもりはないけど、
中年になってもってのが何か引っかかる。
こんなもの卒業できるのかな。
若い頃に発展場に通う習慣がついてたら、
中年になっても同じだと思う。
(頻度は減るかもしれないが)
逆に若い頃から恋愛して、付き合うような習慣があれば、
年とってもそれが続くと思う。
ノンケが結婚するみたいな根本的に生活環境が
かわらない限り、なかなか性処理の方法なんて変えられないよ。
発展が薄汚いのは、若くても年とっても同じ。
若い頃は、自分が年とったら(30歳くらい)特定の交際相手がいて、
「落ち着いている」未来の自分像を漠然と描いていたが、
そうはならなかった。
20歳の自分が出来ないことは、42歳ではもっと出来ない。
そんなことに気付いたのは数年前か。
最近は、逆にますますそんな理想から遠ざけているくらいだ。

俺の日記を読まれて、薄々感づいている方はたくさん
いらっしゃると思う。
いや、自分でも認めてなかったことをこうして毎日書くことによって
段々顕著になってきたことがある。
それはまたいずれ書くことにする。
今はまだ心のどこかで認められないでいるから。
関連記事

輪島さんの携帯

久しぶりに輪島さん(仮名・旧Wさん)を見かけた。
喫煙場所で一心不乱に携帯をいじってる。
一体何してるのだろう。
おっさんがそこまで携帯にのめり込むのはおかしい。
まあ、俺も結構触っていて、なにしてるのか
きかれたことがある。
ブログ(アダルト)やってて、2ちゃんもよく見てるし
俺の隔離スレまであるんだよ。
なんてもちろん言えないが。
俺は輪島さんの背後からそっと近づいて、
「輪島さん、なに見てんですか?スケベだなあ」
とへらへら話しかけた。
すると輪島さんはちょっと驚いたみたいで、
「いや、なんにも」
といって携帯をパチンと閉じてしまった。
そしてそのまま席をたった。
そんなに怒らなくてもいいじゃないか。
現実でもネットでも余計なことをして嫌われる俺。
関連記事

野球選手風

 昨日は普段あまり行かない発展場へ行ってきた。結局誰専に陥ってしまう俺には、ここの自分の好みがわかるような工夫は、あまり嬉しくない。案の定最初は見向きもされなかった。
 俺より30分ほど遅れて入ってきた男と目があった。すぐに目を逸らしたが、改めて見ずにはいられない。スポーツ刈りにメガネをかけた精悍な顔。ガウンを透してもわかる、引退した野球選手のような逞しい体格。年は俺と同じくらいか。この男の画像を投稿したら、間違いなくノンケとして大人気になると思う。
 神々しさすら漂っていて、とてもじゃないが俺など近寄よれる雰囲気ではない。引く手数多なんだろうなあ。俺など瞬殺間違いなしだ。俺は、発展に対する向上心が低く諦めがはやいので、ミックスルームで寝ることにした。
 しかし寝てはいてもやはり期待はしている。だから目を閉じて半分眠ってはいても、人が近づいてくる気配はわかる。もしかしたら、五感以外の何かでモニターしてるのかもしれない。

 俺の傍らで立ち止まり、まず足を触っていた手はすぐにチンコをもみだした。段々大きくなってきたらゴシゴシ擦る。特に溝のあたり。皮オナに慣れた俺には少し痛い。俺も手を伸ばしてその男のチンコを触った。柔らかかったチンコはすぐに勃起したが、膨張率がかなりすごい。扁平型というか握り拳をやや平らにしたような、ツチノコみたいな形でしかもカチカチ。完全露茎だからか、皮にたるみがなくぴったり竿にくっついている。それに鍛えられたように皮膚が固い。なるほどこういう人は皮オナはしないだろうから、強く擦るのか。先走りも大量に出てきた。
 暗くてよく見えないが短髪でメガネをかけている。もしやさっきの男だろうかと思ったが、やや年配のように感じた。
 俺があまり真剣にやらないせいか、男はやがて手を止めて立ち去った。俺のチンコは段々ヒリヒリしてきた。
 次に来た顔つきのまったくわからない奴。フェラをしながら、俺のケツに何かを突っ込もうとする。さほど太くはないが固かった。マグロはネコではない。俺があまりに痛がるので、しぶしぶ断念してくれたら、すぐに射精してしまった。

 ミックスルームで寝ているとちょっかいを出されるので、ビデオ室に移動した。ソファで寝ていたら、隣にあの引退野球選手が座った。あれ?年上好きじゃなかったのか?と思ったが、空席だらけなのに横にくるとは、そういうことだ。ちょっと感激したが、遅いよ。俺はそんなに強くない。
 でもここはやっておかねばと思い、いきなりチンコを握ってみたら、ツチノコだった。やはりミックスルームのめがね男は引退野球選手だったのだ。
 引退野球選手の胸は所謂二つ並べた楯のようだ。腹は昔は割れていたのだろうが、すこし柔らかい。ふと左手をみたら結婚指輪をしている。そうか。既婚者か!興奮するなぁ。
 俺は段々復活してきたが、引退野球選手が続きをミックスルームでやろうと手を引いたときに、もういいかと思ってしまった。チンコも痛いし。俺はミックスルームには行かず、便所に入った。このまま帰ってしまおうかと思ったが、引退野球選手もついてきた。可愛いがうるさくもある。俺はやはり更衣室へ下りることにした。

 帰り道、バスの営業所の横を歩いていたら、勤務を終えた運転手が自分の車に制服を着たまま乗り込んでいた。さっきの引退野球選手にちょっと似てると思った。
関連記事

ごめん

そんなに怒んなよー
ごめんな。
半日しめただけやんかー
ふざけてるって、最初からこのブログ全体がふざけてるやん。
そやしあんまり怒らんといてくれよ。


ところで、なんでだれも俺の関西弁に触れへんのやろ。
だれかつっこんでくれ。
「~どす」とか「~おます」とか書かへん所がいかにもネイティブやろ?
でも俺は、ほんまは九州男児やで。


小便動画その2
774あぷろだ up1127.zip パスはonanisan
(今回はHOTSPOTから)
※再生時は音量に注意。厳かなBGMに爆音が轟く。


実はこの動画には不都合な音が入っていて、
それを消さなけば公開できないと思ってた。
だからmar9nさんに教えてもらったソフトで編集しようと開いてみたが、なぜか不都合な音は入っていなかった。
ということは先日公開した方の小便動画だったかなと思い、
急遽削除した。
でもこれも記憶違いで結局不都合な音は入っていなかった。
どこにいったのだろう。
俺の屁の音が入ってしまった動画は(笑)

あすで休みが終わる。
関連記事

サ○トリー

ちょっとだけ心配してくれたか。
え、全然してへんて。

関西弁で書くけどいやか。

わりと家の中にサ○トリー製品あるもんやなー。
俺、新幹線が好きやとか、ソニーが好きやとか書いてたと思うけど、
JR東海やソニーミュージックの社員やとは誰もいわへんな。なんでやろ。

チンコ触ってるでー
九州で買ーたら阿蘇の天然水や

矢沢永吉と間違えんといてな

グラスのおまけつきや
一時こーゆーおまけはやめにしとったのに完全に復活したな

ハーゲンダッツもサ○トリーグループや
最近コンビニのチルドコーナーで売ってるスタバのコーヒー飲料も
サ○トリーやで
関連記事

平塚事件

平塚の5遺体事件で岡本千鶴子容疑者に懲役12年の求刑だそうだ。
「異母兄に殺害の動機はない」と指摘とも。
ちょっとほっとした。
峰宏さんのあの穏やかな表情の画像を見る限り、
殺人など出来るはずがないと思っていた。いやそう信じていた。




現住所、実家、親兄弟、会社名、趣味の話はせーへんで。
ゆーとくけどな、俺は関西人の血は混ざってへんから。
俺の毛深さと顔みてみ。九州男児や。きまってるやろ。
関連記事

失敗

 実家にいる。今日は早起きしてある行事に参加した。がっちり中年の着替えを撮影しようと自分のデジカメやノートパソコンまで用意したが、俺が挙動不審過ぎのせいか、逃げてしまった。
 おかげで、いつもと同じ環境でパソコンを使えるのだが、こそこそと人目を気にしながら、これを更新したり動画をアップロードするのはいいものではないな。
 昨日の動画は、別の小便動画をmar9nさんに教えていただいたソフトで編集して、再度アップロードします。
 明日は忙しいなあ。
関連記事

小便

色々リクエストしていただいてありがとう。
また、考えておきます。明日は早いので、
今日はこれで勘弁してください。

確か画像版だけで、動画は公開してなかったと思う。
既出だったらごめん。

あ、それと動画(mpg)の音声を消すフリーソフトをご存じの方、
教えていただけませんか。
DVgateは持っていますが、無理みたいです。

関連記事

YouTube

別に誰でもできるな。

※グロではない。肉割れなし
関連記事

3P

 あいつがいた。先日、俺の精液がガウンに付いてしまって「汚ねっ、付いたよ!」と言った奴。しかしもう忘れているのか俺についてくる。あの時は不愉快だったので、俺は拒否してしまった。
 小さなおじさんもいたが、痩せた若い子にくっついている。俺とは全然違うタイプだ。ダレ専だったか。
 これはまたまた出来ないかもな。あれは七夕の晩の奇跡だったのかなと思いながら、隅で激しく抱き合ってるデブ同士を見物していた。中年と若者。中年の方は何度か見た顔だが、若者は初めて見た。
 見られていることに最初は抵抗があったようだが、俺が眺めながら自分のチンコをいじっていると、二人は安心したのか大胆になってきた。代わる代わる音をたてながらフェラをしあってる。
 すると若者がふと俺に手招きしたように見えた。気のせいかと思いじっとしていたら、再度はっきりと俺を呼んだ。おそるおそる近づいたら、若者が俺のチンコを握り、扱きだし、中年が乳首に吸い付いてきた。「う~」気持ちよさについ声が出てしまった。
 若者は短髪で素朴な顔立ち。目は小豆みたいに小さいが、切なげにじっと俺を見ている。もみあげがエロビデオの男優みたいに整い過ぎてて現実感がないから、胸と肩の厚みを確かめてみた。
 (でかい。これぞガチムチだな)
 そしてチンコもぎゅっと握ってみた。これまたでかい。俺は、本当にほれぼれした。
 ふと見ると中年が手持ちぶさたにしていたので、俺はちょっと身を引いた。(恨まれたくないからな)
 中年はすぐに若者を取り返して、また激しく抱き合った。俺は未練があったから、若者の後ろに回って背中や尻を触ってみた。指で肛門をちょっと撫でてみた。そしてこっそりと俺のチンコもあててみた。(コンドームがあれば挿入できるかな)俺は素又でこすりつけた。

 結局一番先に中年がいき、俺と若者がほぼ同時に射精した。
関連記事

再掲載

Bさんは来なかった。
だからというわけではないが、近くの発展場へ行った。
今日も白い液を飛ばすことが出来たぞ。
なぜか最近うまくいく。
今は虚脱感があるため、このことはまた後日書く。

以下はゆたかさんに約束していた再掲載画像。
関連記事

ビ○ー隊長

輪島さん(仮名・旧Wさん)もBさんもビリーズ○ートキャンプを注文したそうだ。
こんな所にまで普及しだしたことと二人のミーハーさに驚いた。
珍しく輪島さんから話しかけてきて、健康の話になった。
すでに輪島さんは俺より体重が軽かった。
一度でいいから輪島さんの裸が見てみたい。
でもなぜか輪島さんへの思いは落ち着いてきたな。

なぜか俺の部下(女性)とBさんはメールを頻繁にやりとりしてて、
Bさんの近況を彼女からきかされる。逆も真で、そのメールで俺の近況もBさんは知っている。あすBさんはこっちに来るらしい。

リクエストの脇だよ。
酒飲みながら書くと悪ふざけしてしまうな。
また叩かれそうだ。
嫌な奴の脇毛なんか見てしまったら、誰でも叩くよな。
そろそろ遠慮しよう。
関連記事

あたり目

 ♪肴はあぶったイカでいい
 ♪俺のちんこはイカ臭い~
なんて歌う世代じゃないよ。
カラオケでは、どっかのブログのパスワードを歌うときがある。
 ♪ほーらねそっくりな猿が~
 ~愛をください~愛をください~
ここで大体げらげら笑われる。

連休終わったな。
関連記事

俺のつぶらな瞳です。

目だけはみせないようにしてるが、すでにばれているのかもしれない。
発展場で「あいつまたきてるな」とか思われていたりして。
知らぬは俺一人とか。
関連記事

ちくわ

ちくわはチンコのメタファだと何かに書いてあった。
ちくわの皮のシワの寄り方など確かにそんな感じだ。
昨日から食べ物で遊んでるな。
東海道新幹線のパーサーが書いた「新幹線ガール」を読んだ。
車内販売でちくわがよく売れるそうだ。
男性の乗客はちくわが好きだとか、小腹が空いたといわれたら、ちくわを薦めるとか、何かおかしくなった。
チンコを食えないのでちくわを食う。

HuGsを誘ってくれる人などいない。Mixiも全然いかない。
目だけは堪忍してくれ。

俺のちくわ

肴はなぜか長いものばかり

勃起!

咥えた
<
乾杯!今度はケツに入れるぞ(ウソ)
関連記事

昨夜は結局オナニーしないでねむってしまった。
あまり暑くないのでよく眠れる。
今週末も遠出しようかと思ったが台風だな。

幸せが戻るようにハッピーターンを食う。

疲れたから、オナニーなしで寝る。
関連記事

 ときどき俺の日記を作り話だという奴がいるな。こんなに単調で退屈な作り話を延々と書く奴がいるだろうか。こんな貧しい性生活を、美化して飾っていると思うのは、どんだけ(使ってみた)
 もし、フィクションならBさんのことをもう少し盛り上げるだろう。今頃キスぐらいしてるかも知れない。実際の出来事を単純化したりカモフラージュしたりはしているが、ウソは書いてないつもりだ。
 現実は嫌なことつまらないことの方が圧倒的に多くて、しかも単純な繰り返し。しかし、その中にちょっと楽しいことが混ざってたりする。だから生きていられるのだと思う。
 ちょっと違うかも知れないが、アニメっぽい絵の描いてある抱き枕といろんな所へ行って写真を撮るブログがあったけど、あんな感じのマンネリは良かった。しかも「最後はラブホテル」というのが期待させる。あのブログどうなったのかな。

 ずっと見なかったあるフケ専サイトを見に行った。当時の雰囲気がちゃんと残っていた。俺はWin95が出る前はMacを使っていたが、その頃に見ていたような気がするから10年以上前なのか。
 あの頃でも対象が高齢だと思っていたが、今見てもちょっと高い。それはいいが、質問コーナーみたいなのが当時も今もあって、今あらためて読んでみたら、レベルの高さにくらくらした。質問の傾向自体はあまり変わってないと思うが、俺の可能性がなくなってしまったことを痛感した。そう、恋愛が出来る可能性。
 あの頃は、そこに投稿する人達が抱える悩みを、いずれ共有出来るかも知れないなんて、かすかに思っていた。まだ夢見る俺だったのだ。
 あーあ、今日もオナニーして寝よ。
関連記事

 昨夜はシャワーでオナニーにした。

 某さんのコメントで祭りの話がでていた。ゆかたもっているんだ。かっこいいな。
 俺も一度だけある祭りに引っ張りだされたことがある。半被を着て褌を締めるのかと思ったら、神主さんみたいな格好をさせられてちょっと残念な思いをした。
 祭りの日の晩に銭湯へ行ったら半被、褌を脱いで、入浴しようとしている人がいて興奮してしまった。
関連記事

 のんけ親父達の画像掲示板の「俺のパパの毛深いケツ」画像へのレスで、俺のケツのことが引き合いに出てたな。まあ、それはいいけど、本論は窯風呂にスレッドが立っていて、去年まさにホモ画像(しかも自分撮り)を掲載した俺としては、大変耳が痛い。実際、不快な思いをされた方には申し訳ないと思っています。

 電車で、若いカップル(男女)が騒いでいた。いつものよくあることだが、ちょっと見てみると、制汗効果のあるウエットティッシュみたいな奴があるが、女が男のTシャツの裾から手を入れてそれで身体を拭いていた。本当に気持ちよさそうだ。
 実は俺も顔用をよく使う。会社でもちょっと眠くなってきたり、気分転換したい時に席を立たずにごしごし拭く。おっさんの習慣としては奇異なので、女性社員が時々からかうが気にしない。顔を洗う以上に気持ちいい。飲食店で出されるおしぼりでは顔を拭かないが、本当はやりたくてうずうずしている。でもこれは堂々と拭けるのでいい。
 なんでこんな習慣がついたか。それは、以前久しぶりに屋外発展場へ行ったときに、風呂に入らないからチンコだけでも清潔にできないかと考えて、コンビニで買って使ってみた。そしたら思った以上に気持ちよく、本来の使い方になったというわけ。
関連記事

 きょうは苦手な業務があり、朝、出勤前は大変憂鬱だった。しかし最近会うことの少ない輪島さん(仮名・旧Wさん)の姿を見かけて、ちょっと元気が出た。太い首と短く刈りあげた襟足。そして後ろから見ると、いつもそうなのだが、ワイシャツの襟から5ミリほどネクタイがはみ出てるのが、独身らしくて可愛い。「ネクタイでてますよ」とかいって輪島さんに触ってみたい。
 42歳で独身、既婚歴なし、「セクフレ」と言ったこと、ニューハーフバー。俺はこれだけを心の支えとして生きている。

 実際ゲイのシェアってどのくらいなんだろう。俺の会社でそうかもしれないと思ってるのがBさんと、そうであって欲しいと思っている輪島さん。数千人の中に2人くらいいてもおかしくないのか、不自然なのか全く見当がつかない。
 そういえば、佐藤もあやしかった。(以下腐○○○の妄想臭いと思われるかも知れない)
 佐藤は、数年前に会社をやめてしまったが、部署が違うのにやたらと俺になついていた。俺は、仕事で交流がほとんどないし、しかも容姿は興味がないので、あまり親しいつもりはなかった。でも佐藤は俺が残業していても、なぜか残っていて、自分の車で送ってくれたりした。
 女の噂はないし、決定的なのは二人きりで旅行に誘われたことだ。俺はあまり気乗りはしなかったので、生返事をしていたら、いつのまにか詳細なプランを立てていて、断りづらくなり、結局決行してしまった。(その強引さが俺にも欲しい)
 佐藤は全然酒を飲まない、おまけに腹を壊しているとかで食べ歩きも今一。一体何が目的で旅行してるのかよくわからない。もしや、やっぱり俺が目的かなとか思い、夕食時に俺はわざと酒に酔っぱらったふりをしてみた。(肩を担いでホテルの部屋へ連れて行けよ)などとお膳立てをしてやったのに食いついてはこなかった。仕方なく俺はホテルをこっそりと抜け出して、その街の発展場へ忍び込んだ。翌日佐藤は、早起きをして名所へ行ったが、俺は行かなかった。
 その旅行から帰ってすぐに佐藤は会社をやめてしまった。旅行中佐藤は退職のことは何も話してはくれなかったが、この旅行となにか因果関係があったのだろうか。俺は知らずに佐藤を傷つけたのだろうか。今では知る由もない。
関連記事

金曜日の夜、目に付いたのは、ネクタイをしている人が少ないことだ。
クールビズが浸透してるのかな。

EMSの広告、股間の玉のあたりがちゃんと膨らんでいて、いいなあと思っていた。ちょっと前に新聞広告で見たが、ネットを探しても見つからなかった。それが自分の乗った電車の車体に貼り付けてあって嬉しかった。
関連記事

あー気持ちよかった

 昨夜は俺にしては、もてたほうだった。なんでだろう。
 都会だからだろうか。なら、わざわざ遠征した甲斐があった。しかし、ここの発展場は初めてではない。
 頭髪を短くしたからだろうか…

(注意:以下長文の自慢話)

全文を表示 »

関連記事

某さんの旦那が痔になったそうだ。無理をしてはいけないな。お大事に。
おれもごく軽いのは、2、3年前に経験した。
不規則な生活が不規則な便通に繋がり、痔になったと思う。
その頃、飲んだ後に腹を壊すことが多かった。
便秘だけではなく、下痢も肛門を傷つけるらしい。

本来は高いポテンシャルを備えているはずなのに、
全く活用しないまま壊れてしまったのかと思ったが、ちっとも悲観はしなかった。
むしろ肛門科でどんな診察と治療をうけるのか興味が湧いてきた。
結局、市販の座薬で治ってしまったのだが、ただ説明書きの薬の入れ方が気に入った。
しゃがんだ状態で肛門に薬の尖端をあてがい、
ゆっくりと立ち上がるとスムーズに中へ入っていくそうだ。
俺は毎回座薬を入れる度に勃起させていた。

医療ビデオみたいなので中年が痔になるやつがあって、結構よかった。もう一度みてみたい。
関連記事

 3日の記事で引用しているスレッド。そこがターゲットにしている人のサイトをたまに見る。叩く方も叩かれる方も色々事情があるのだから、軽率なことは言えないが、この人の容姿には惹かれてしまう。とても若々しく見えるが、俺より3つ下なだけだ。写真や日記から、これぞ豊かなゲイ中年生活だなーと思う。性生活は伏せてあるが、活発なんだろうな。

 同じく3日に書いた越中ふんどしだが、一度も締めずに引き出しの中に入れたままで、引越してからどうなったかわからない。宴会のコスプレグッズの褌なら締めたことはあるが、本物は未経験だ。

関連記事

 実は売り専を利用したことが2度ある。
 20代だったかな。好奇心が今よりも強かったのは確かだ。(時々書く昔話は、だいたい都会での話だ。勤務地も住んでいるところも今は変わっている)
 雑誌を見て電話をかけたら、地下鉄の出口まで迎えに来てくれて、マンションの一室に案内された。システムの紹介を受けて、アルバムを見せられた。食事のメニューみたいにしてボーイを選んだ。ほとんどが痩せていて、タイプ外だったが、一人太った素朴な感じの青年が目にとまり、お願いした。
 狭いマンションのどこに待機していたのか、太めボーイ君はすぐに入ってきた。まだ学生。ラガーシャツがそそる。無口でちょっと恥ずかしそうだった。
 風呂に案内され、身体を洗ってくれた。身体を他人に洗ってもらうのは本当に気持ちいい。すぐに激しく勃起した。ちょっとだけ握ってくれたが、洗うことに専念したいようだ。
 でも良かったのはそれだけ。風呂から上がると、布団が敷いてあって、二人で寝っ転がったが、彼は完全なマグロだった。全く何もしない。俺は普段マグロの癖に、初めての経験と金払っているからもったいないという変な意識で、結構積極的な動きをしたように思う。
 しかし、そいつ汗かきなのに体温が低く、人のぬくもりを感じないのだ。まるでビニールの人形か両生類みたい。
 致命的なのは、そいつノンケみたいで(または俺が下手なのかもしれない)全く勃起しなかったことだ。
 結局発展場を出るときよりも強い喪失感を味わった。
 それから数ヶ月後、もう一度だけトライしてみた。別の所を選んでみたが、システムは同じようなものだった。
 俺がそこで選んだボーイは、剣道をやっているそうで素朴な感じだが、よくしゃべる。普段の客はおじいさんが多く、俺のように若い男で良かったと言った。(嬉しかった)
 服を脱ぐと、やたら俺の足を太くて逞しいとほめてくれた。俺は一瞬気をよくしたが、終始足ばかり撫で回して「かっこいい」とほめられるのも何か不自然で、よく考えてみたら営業的なものなのだと気付いた。今度は俺のチンコが萎えてしまった。
 しかしほめる所が、チンコでも顔でもなく足かよ。
 それ以来売り専は買ってない。
関連記事

 きのうは寝る前にオナニーした。



 何というか、結局エロを求めてるだけ、遊びだから。
時々深刻そうなことも書いてるけど、もはやおっさんの感受性なんて知れてるわけで、真に受けないように。決して生きるとか死ぬとかじゃない。
 禁オナカレンダーってあって、オナニーしたら壁掛けの紙のカレンダーに×付けるっての。このブログは基本それだから。
 だから、そんなのにマジにならないように。
 おっさんの下半身は、趣味に合わなきゃ、キモイの当たり前。恐いもの見たさはわかるが、過ぎると精神を病むよ。


 
 火曜日は某さんよくコメントくれたけど、今日はなかったな。コメントしやすい買い物の話とか書いたのだけど。

 某さんが俺を喜ばそうとしてくれて色々書いてくれてるのはわかてるよ。十分楽しませてもらってる。結局エロだよエロ。多分某さんはおれよりずっと年下だと思う。俺が、嫉妬する相手じゃないよ。強いて嫉妬するとしたら某さんの旦那かな(笑)

 俺が生涯で一番嫉妬したのは、相川(仮名・旧A)の嫁さん。

今日も酔っぱらってるので、この辺で。
また、あれやろうかな。
関連記事

 こういう風にしたくないと思ってはいるが、昨日の記事はちょっと近かったかな。

↓これは2ちゃんねるの同性愛板スレッドのテンプレ。今は特定の個人のサイトを話題にしてるスレの「1」だが、以前はゲイ個人ホームページ全般を話題にしていた。悪意というか毒気はあると思うが、陥りやすい典型例で面白いと思う。もちろん俺も引っかかってる。

ネットに氾濫する無数のゲイ個人ホームページ。実はコンテンツがほとんど無く自己紹介が
長くてくどい。ギャラリーでは恥ずかしげもなくツラを全世界に公開。簡単に発見できて
しまう裏ギャラリーでは、ブラクラ並みの陰部モロ出し画像。思わず脱糞するほど寒い
パクリファンタジーポエム。内容の無い日記には「今日丸井で服買った」だの「ケーキ
バイキング行った」だの、どうでもいい出来事をただ書き連ねるだけ。
見ず知らずの人のBBSカキコにも、アイフル顔負けの文字の笑顔でごあいさつ。よく知りも
しない相手との相互リンクで必ず添えられる「○○さんワールド炸裂!」「引き込まれます
よぉ~」といった偽善コメント。出会う気もないくせに定期的にフォトメにホムペ宣伝、
カウンターが回るのが唯一の生き甲斐。キリ番をゲットしようものなら、管理人に報告の
義務あり、欲しくもない使用済み競パンだのを、嫌がらせのごとくもれなくプレゼント。
やたらとリニューアルを繰り返すが肝心の内容は変化なし。誰も構ってくれないと、突然
「諸事情により」閉鎖し周囲の関心を引こうとするが失敗、「○○2」だのタイトルを変えて
未練がましく復活する。


 ま、どこかで、テーマである「貧しい性生活」に絡まっていればいいかとも思うがね。

全文を表示 »

関連記事

«  | HOME |  »

プロフィール

恭介

Author:恭介
172×85×52

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。