FC2ブログ

2008-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がっちりや太めだけが好きだというわけでもない。

電車の中で見たおじさんは痩せていた。
腹などぺったんこ。
ま、正確にはがりがりではなく、ちょっと筋肉質か。
しかしなぜか気になる。いや好きだ。
男らしさが滲み出ている感じだ。
会話を交わしたわけではないのに、なぜかわかる。

そしてはたと気付いた。
結局顔なのだろうか。

それは寂しい話だ。
いい年をして幼稚な考えだとは思う。
でもそうなのだ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]
関連記事

結論

散髪した。

係の人が数人いて、入店した順にローテーションで担当になる。
今回やってくれたのは、以前から目を付けていた、ぽっちゃり可愛い感じの人だ。
ユニフォームはもう半袖。脇毛が見えそうだった。
終わりに簡単なマッサージをしてくれたのだが、気持ちよくて勃起しそうになった。

結論:ごく微弱な刺激でも、いける人なら快感倍増。

※もう少し短くしてほしかった。
関連記事

CD-ROM

なんとなくパソコンの調子が悪い。
始終、ファンが回る音がしていて、それも最強みたいな感じだ。
さらにキーを打つと画面がまばたきするみたいにちらつくときがある。
ひどいときは画面が1色になり、なにも映らなくなる。
そうなると何をしても復帰しないので、電源を切るしかない。

もう3年目だから買い換えたいなあ。
夏モデルが全て発表されたら、考えようかな。
それとも今度はMacにしようか。

Windows95が出る前までMacを使っていた。
あの頃、パソコン店のソフト売り場には「CD-ROM」というコーナーがあった。
もちろんCD-ROMはメディアの名称なのだが、
CD-ROMに記録されたワープロソフトやゲームソフトは、なぜか
「CD-ROM」というジャンルには入らないのだ。
「CD-ROM」というコーナーに並んでいたのは、風景やペット、アイドル
なんかのきれいな写真が掲載された、音楽CDと同じサイズのジャケットだ。
俺は最初ビデオかと思い買って帰ったら、静止画像を見るだけでたいそう
がっかりしたものだ。それで数千円していた。
ネットがまだ発達していなかったからこその商品だろう。
ちなみに日本のゲイ関係のものは皆無だったと思う。

しかしある時俺は、日本人男性の裸体画像を多数納めた
画期的なCD-ROMが発売されていたことに気付いたのだ。
当時「YELLOWS」という何十人もの日本人女性の体型を、
人体標本みたいに記録した写真集が評判になっていて、
それの男性版CD-ROMが出ていたのだ。
気付いたときにはMac版は既に販売終了になっていた。
今のようにアマゾンやオークションがあるわけではない。
秋葉原、日本橋、大須の電気街をくまなく探したが結局みつからなかった。

雑誌の紹介記事には太めの写真もあった。
顔有りで全裸の正面、側面、後ろ姿の全身と性器はモザイク?
だったのだろうか。
ああ、今でも見たい。
関連記事

紅白

昨夜寝る前にオナニーした。
最初は仰向け。
最近ずっと固さが不十分な感じがする。

いきそうになってきたので左側を下にして、
チンコをティッシュに向けた。
そのまま扱き続ければ簡単に射精してしまうが、
今日はちょっと溜めてみることにした。
手を止め、ちょっと静まるのをまち、また扱く。
これを繰り返して、射精寸前まできた。
最後は手を使わず自力(?)で精液を出してみる。
緊張と収縮で血圧が上がっているのがわかるほどだ。
射精の直前、鼻腔に違和感…鼻血だ!
白いものと同時に赤い血が流れ出した。
おかげで快感はゼロ。ティッシュは上下に使用。

花粉症の時期はなぜか鼻血も出やすくなる。なんでだろう。
しかしこれ、脳内の血管が切れたのなら大変だった。
腹上死ならともかく、オナニーで死ぬのは嫌だ。
究極の孤独死…
関連記事

奥さん

以前にも書いたが帰りに電車でよく見かける兄さん
今日は珍しく座席に腰掛けていた。
兄ちゃんやっぱりでかい。座るとはっきりわかる。
今日は暑かったのか、ネクタイを外し、第二ボタンまで外してる。
大胆だ。生の胸元が見えている。
胸毛がないか必死で見つめたが、何も見えなかった。
ズボンの前にリュックを抱えているからもっこりは見えない。
しきりに携帯をいじる指には結婚指輪が相変わらず光ってる。
この人、よくコンビニで弁当とか買っていたから別居中かと思っていた。

「あれ?」とか言って近づく女性。なかなか美人。
仕事帰りのようだ。
兄ちゃんはめんどくさそうに顔をあげて、何かつぶやいた。
駅に着き二人は連れ添っておりた。
この女性が奥さんか…
関連記事

はめまら

「はめまら、はめまら」
小便器で用を足していたら、隣で一足先に終えた警備員の責任者がつぶやいた。
「なんですか、それ」
俺がたずねたら、警備員は俺の方を向いて、人差し指で自分の目、口を差した。
「歯、目」
そして股間を突き出した。
「マラ…老化の順番ですw」
どうせなら放尿中の「マラ」を指差してほしかった。
ニヤッと笑った口元に白い歯が見えた。
日焼けしているからよく目立つ。
細めた目元がかわいかった。
関連記事

強面さん

発展場…
明るいところでは気付かなかった。
短髪で強面親父。
(かっこいいなー)
しかし暗がりで気が付いた。
もしやこの前の強面さんかな。
前髪をちょっと立たせてる。結婚指輪もある。やっぱりそうだ。
ただ、一度目はよくても二度目は断られるということは経験上よくある。
それで俺も前にも増して慎重になってしまった。
かなり勇気を振り絞って隣に寝そべったら、あっさり出来た。
強面さんはやたらに激しく扱いてくれる。
さらに強面さんにやってもらっているという気持ちが、興奮に拍車をかける。
あっという間に射精してしまった。
ぐったりしていたら、強面さんは俺を見ながら自分のチンコをこれまた激しく扱きだした。
前回は出て行ってしまったのに、なんか嬉しくなってきた。
今度は俺が強面さんを扱いてあげた。
関連記事

天然ゴム

これはなんだと思いますか?

たまごアイス。コンビニで売っていた。

なつかしい。

アイスクリームをゴム状の容器に詰め込んで、
パンパンに膨らませたもの。

メロンの容器に入ってる奴やホームランバーとかと同じで
このてのアイスは俺の幼い頃からあった。
たまごアイスという名前なのか。

パッケージにはやたらと注意書きがあった。
昔はパッケージなんかには入ってなかったように思う。
根本を切ると裂ける場合があるとか、
クリームが柔らかいと勢いよくでてくるとか、
天然ゴムなのでゴム臭がするとか…

天然ゴムか。コンドームと同じ素材。
これにチンコを入れてみたらどうなるだろう。
自由研究だ。

まずは食べる。

通常は先っぽをハサミで切るのだが、そうすると再使用が出来ない。
だから後ろの輪ゴムを外して食べる。

口を外すと勝手にクリームが出てくる。
思えばこのアイス、コンドームなど知らない頃から気になる存在だった。
確かにかわいいかたちだが、それだけでは済まされない。
子供ながらに性的なわだかまりを嗅ぎつけていたのかもしれない。

中身のクリームを全部食べた。

全文を表示 »

関連記事

忘れ物

会社の便所。
小便器の上方の壁にちょっと凹んだ棚みたいなスペースがある。
カバンとかをおけるようになっているのだろうが、あまり使い道はない。

今日、そこに黒色の携帯を見つけた。
置き忘れだろう。青いネックストラップに見覚えがある。
便所には誰もいない。
俺は恐る恐る手に取った。
ドアラのマスコットストラップも付いている。
間違いない。輪島さんのだ!!
(中を見たい)
強烈な衝動が湧いてきた。

ここにいてはまずい。俺は携帯を懐に突っ込み便所を出た。
小走りで倉庫に入り身を隠した。

蓋を開くといきなり効果音が鳴って、ちょっと驚いた。
待ち受けはカレンダー。俺と同じだ。
女、子供の画像ではない。なかなか期待がもてるじゃないか。

(今ならまだ引き返せる)
でも輪島さんの心を読むに値するチャンスを逃すわけにはいかない。
着信履歴をあけた。

「義男」
「義男」
「義男」
「会社」
「義男」
「会社」

義男って誰だろう。ドキドキしてきた。
次は発信履歴。

「義男」
「義男」
「義男」
「義男」
「義男」
「義男」

義男ばっかりだ…一体誰なのだろう。
メール受信ボックスを見ればわかるかもしれないが、
ちょっと保留。EZwebのお気に入りを見る。

「乗換案内」
「楽天トラベル」
「iタウンページ」
「三菱東京UFJダイレクト」
「mixi(ミクシィ)モバイル」

ミクシしてるのか輪島さん。

「ぐるなび」
「RainbowNetJapan」 

RainbowNetJapan・・・
こ、こ、これはゲイサイトではないのか!
決定的な証拠だ。輪島さんはゲイだ!
ヤタッ!
(ガッツポーズ)
40超えて独身。やっぱりそうだったか。
俺はすっかり興奮していた。
(あやしいなー義男、あやしいなー)
「義男」をあばいてやる!
えいっ、メール受信ボックスだ!

「義男 お疲れ…」
「義男 ○○駅…」
「義男 8時40…」
「義男 夜8時…」
「義男 ちょっと…」

昨夜「義男」とどこかへ行ったのか。
義男は輪島さんの男か?
こりゃ読まないわけにはいかないよ。
もう止まらない。
いつか寝ている同期のチンコを咥えた時のようだ。

震える指でメールを開けたつもりが、あれ、返信になってしまった。
あ、やばい、、、送信が止まらない!!!その時、

「それ、俺の携帯」
びっくりして振り返ったら輪島さんがいた。

全文を表示 »

関連記事

Short Shorts

タモリ倶楽部のオープニングがなぜか好きだ。
(もちろん番組自体も面白いと思う)
いろんなパンツ姿の女性の尻が曲に合わせて踊るやつ。
あれの男性版があればいいのにと思う。
ちょっとさがしたら、あの曲、結構古い曲なのだな。



ところで、自由研究の続きだが、単に褌を締めてみても、あまり面白くない。
それでタモリ倶楽部風にしてみた。
しかしアフレコのやり方がわからないので曲はなし。
上を再生しながら下を見てください。

↓恥ずかしさ紛れに買ったトランクス編。


全文を表示 »

関連記事

ベビーカー

駅で見かけたポスター。
全国の鉄道会社30社がベビーカー利用のマナーをPRしているようだ。
ttp://www.tobu.co.jp/file/1561/080319.pdf
左端のベビーメーカーの人に目がとまった。可愛い。
この人は例のかねちくさんではないだろうか?
かねちくさんが話題になっていた時は、ちょっと可愛すぎて
あまり性的な魅力は感じなかった。
でもこのポスターで見直した。

どこの鉄道会社も同一のプレスリリースを掲載しているが、
解像度が悪く、かねちくさん?の顔がわかりにくい。
しかしなぜか東武だけが高解像度だった。
なんでだろう。
↓これはJR東海
ttp://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000001630.pdf
関連記事

スパ

週刊スパを買った。
あんまり雑誌は買わないのだが、ある写真に惹かれた。
「超簡単 貧者のための新0円フィットネス」という記事があり、
いろんな専門家が紹介する金のかからないエクササイズが載っている。
チョコボール向井とかも出てるが、ロシアのトレーニング器機団体の
インストラクター松下タイケイ氏がいい。
四つん這いになったり、尻を突き出したり、セックスするときもこんな感じ
なのだろうか。
ネット上にはろくな画像はなかった。
ブログはストイックで、それはそれで萌える。
関連記事

少々テーマ外※

2ちゃんねるのスレッド「死ぬ寸前の日記やblog」をなんとなく1から読んだ。
そのスレは同性愛関係の板ではないが、病死されたゲイのブログも紹介されていた。
お元気だった頃の記事は大変面白く、また共感する所も多々あった。
「節操ないゲイの自業自得じゃん。」というレスがついていたが、まさに一般的な
目線とはそんなものだろうな。
亡くなったらアップするように友人に託された最後のエントリーは、読んでいて泣けてきた。
関連記事

テーマ外※

仕事が忙しくまた、疲れていたので更新できませんでした。
今日は、ななしさんよりいただいたコメントにお答えします。
ブログ主旨に反しますが、まああまり書くべき性生活もないので、
書ける範囲で書きますね。

>自分は今、転職活動をしてるのですが、恭介さんのときはどれぐらい活動したのですか?
>あと、何歳の時になんで転職したのですか?同じ、ゲイとして、参考にしたいのです。

以前ちょっと書いたのですが、俺は休学・留年を経験しています。
その理由は書けませんが(笑)、バイトに明け暮れていたのは事実です。
だからあまり学生時代のことを書いていないのです。
そんな俺でも無事卒業して一応新卒で就職しました。
当時は円高不況が終わり、バブル一歩手前でしたが、決して就職は甘くない時代でした。
それにも関わらず、俺はほとんど就職活動をしませんでした。
本気でフリーターになってもいいと思っていました。(フリーターという言葉はなかったと思うが)
年が明けて(卒業する年)、やっと現実味のある会社を訪問し内定になりました。
だから、入社前、内定者に集合をかけていろんな催しをするのには全く参加していません。
その会社は創業が新しく業績も拡大していたため、誰でも採っていたのでしょう。
案の定仕事はきつく、俺は2年でやめてしまいました。
やめた理由は、肉体的にきつい上に、ノルマや強引なやり方が社会的にどうかなと
思う部分があったからです。
しかもその頃には世はバブル絶頂期で求人など掃いて捨てるほどあったのです。
それで、所謂安定していて堅い会社、条件も良いところを半年くらい無職で
探していたら、今の会社になりました。第二新卒扱いです。
求職中は失業保険ももらっていました。
この無職の時代が俺の生涯で一番のんびりしていたと思います。
あれから20年足らず、世の中は何転もしました。
俺が最初に入社した会社は東証一部上場をはたし、株価も今の会社の10倍くらいに
なっています。年収も倍ほど違うのでしょう。
正直あのまま我慢していたらなあ…などと思ったりすることもあります。

今とはあまりに時代が異なるのでななしさんの参考にはならないでしょうね。
ただ一つ言えることは、一生勤める間には、世の中も会社も自分も
一定ではないということですかね。
関連記事

亀頭責め

発展場で。
亀頭責めの上手い人にあたった。
その人の容姿にはなんの魅力も感じない。
どんな顔だったかも覚えていない。
亀頭の溝をむずむずと虫が這い回るような指使い。
快感が強すぎて、じっとしていられなくなり、
つい体をくねらせてしまう。
何度もチンコに手をあててストップをかけた。
それを数回繰り返していたら射精というより、
小便がしたいような感覚になってきた。

「出る出る」といったものの出ない。
下腹部がもやもやした感じ。
今、亀頭責めをやめて普通に扱いてくれたら、
それはそれは気持ちいい射精ができるだろう。
そう思った瞬間、何かが出た。
いったのかな?
クライマックスがなかった。
なんでわかったのかその人は、「ごめん、ごめんね」
といって出て行ってしまった。
最後の快感は薄かったが、いい気持ちだった。
しかしなんていうか、性的な気持ちよさというより、
運動の後の爽快感とももちろん違う、按摩や足裏マッサージとか
耳掻き、洗髪みたいな快感だったなぁ。
やっぱり性感帯のみの刺激ではなく、メンタル面での刺激がないとな。

関連記事

フリーマガジン

特急電車に乗ったら、座席の前のポケットにフリーマガジンが入っていた。
車内販売の案内や、沿線観光地の情報も載っている。
人力車の俥夫、六さんの特集がよかった。
六さんの逞しい姿が掲載されていて、思わず持って帰ってしまった。
俺より2つ年上なだけなのに、この渋さはすごい。いろんな意味で憬れる。
この人の人力車に乗ってみたい。
(興味のある方は検索してみてください。ブログも書かれてますが、
ここからリンクをするのははばかれますw)
関連記事

«  | HOME |  »

プロフィール

恭介

Author:恭介
172×85×52

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。