FC2ブログ

2008-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素又

発展場でのたのしみ。

そりゃやれることに越したことはないと思う。
でもそれが叶わないときは、せめて眺めることだな。

前回書いた不可解な素又セックスで思い出した。
ずいぶん以前にも発展場でそんな光景を見た。

ロッカールームで見かけた男は元野球部といった感じで、
日焼けした丸顔に短髪、ピッチャーに肉がついたような体形。
純朴な青年風で、いっちゃあなんだがこんなところに来る
タイプではないと思った。
もしかして発展場は初めてなのかもしれない。
どおりで何か不安げな表情をしている。
これはもしやと思い、おっかなびっくり近づいてみたが、
あっさり拒絶されてしまった。
そのあたりはちゃんとしているのだ。

あきらめて一周したら、野球部青年はおっさんとやっていた。
老け専か…
おっさんが下で青年が上。正常位で抱き合っている。
やはり二人とも足はまっすぐ。
青年の腰はゆっくり上下していた。
どこにも挿入している風ではないのに、同じ動作がずっとつづく。
前回書いた二人と同じ素又なのだろうか。
布団はかぶっていないから、青年の大きな尻が見えるのがうれしい。

でも、あれ飽きないのかな。
とういうか痛くないのか。
なぜ手を使わない?

謎だ。
スポンサーサイト
[PR]

関連記事

親父と若者

発展場でやれないときの楽しみは眺めることだ。

正常位で腰を上下に動かすサラリーマン風の親父。
下になっているのは20代くらいか。
すっぽり布団をかぶっているので、二人の顔しか見えない。
若い方は全くの無表情で目は見開きずっと天井を睨んでいる。
親父の方がちょっと息が荒い。全く体勢を変えずにずっと突いている。

でもなんか変だぞ。
つがいの図にどこか違和感がある。
そうだ布団で隠れる下半身が真っ直ぐし過ぎている。
これでは結合できているはずがない。
素又だろうか。
親父は素又なのに、あんなに一生懸命突いているのか。
だから若い方が無表情なのだろう。
あれでは若い方のヘソのあたりを親父のチンコがひたすら往復しているだけだと思う。
そりゃ面白くないだろうな。

かなり長い時間そのままの状態だった。
全く休むことのない親父のピストン運動が一時停止して、若い方に何か一言話しかけた。
その時親父はちょっとニコッとした。かわいいと思った。
そしてまた動きだし、すぐ若い男に顔を埋めた。
射精したのだろう。動きが止まった。

やっぱりうらやましい。
関連記事

猫の舌

都会の大きな発展場へ行ってきた。
いつも思うが、人が多いことは果たして有利だろうか?
決して選択の幅が広がったわけではないのだ。
結局次から次へ入店してくる男を眺めているだけに終始してしまう。
俺には、ある程度少人数の方がいいのかもしれない。

最近、自分の好みを積極的に探し出すというのが面倒になってきた。
好みはいても意向をさぐるのがまた大儀だし。
自分の右手でなければ、もうだれでもいい。

小○前首相みたいな髪型の爺さんが近付いてきた。
なんでもいい。
さっさとやってくれと思った。
比較的はやくチンコに手をのばしてくれたのはありがたい。
そのままいくまで扱いてくれたらそれでいい。
すると首相はチンコを口に含んでしまった。

(あ、それはいいのに。また尿道炎みたいになったらいやだなあ…)

しかし、うまい。
猫の舌のようにざらついて、本当に気持ちいい。
ただ動きがゆっくりしてまどろっこしいので、俺は腰を動かした。
あっという間に終わってしまった。
関連記事

営業車の男

今日も営業車あの男を見た。
いつものコンビニの前だが、夜だった。
朝とは全く違う疲れ切った表情で、シャツもズボンもよれよれになっていた。
一体何の仕事をしているのだろう。

ズボンの裾が汚れているのに気づいて、手ではたいていた。
屈んだ時の尻の形が良かった。

今晩、家に帰ってセックスやオナニーはするのだろうか。
関連記事

社内報

俺の会社の社内報はなかなかいい。
毎号、社員の顔写真がたくさん載っているのだが、
見事にイモ親父ばかりで、ほれぼれする。
テレビドラマにでてくるようなイケメンがなぜか皆無だ。
よくのん父なんかで集合写真や、顔写真を連結させたやつを、
どれがいけるかコメントしあうのがあるけど、
そういう遊び方にうってつけで、なおかつどれもレベルが高い。
コスチュームも制服、作業着、ヘルメット、スーツといろいろある。
できればアップしてみせたい。

この社内報だけは本当に自慢できる。
というかそれくらいしかいいところはないかもしれないな。
関連記事

輪島の小便

トイレに行くとで輪島が先に小便していた。
俺は、輪島の色の薄いスラックスの尻を見ながら、
無言で奥の小便器に向かった。

音がすごい。
鈴口が広くて水圧も強いのかな。
射精の時もよく飛ぶのだろうか。
輪島も便器との間隔は広くとるほうだ。
そらそうだろう、あの音なら相当跳ね返りがありそうだ。

横目で覗いたが、暗くてチンコは見えなかった。
輪島の尿切りはかなりオーバーアクション。
ぶるんぶるん振り回すみたい。
それだけでかいのだろう。
関連記事

来て~

発展場の階段ですれ違った男。
目が合った。
でかい身体、顔はクオリアの人みたいだ。
巨体を揺すって登ってきたので、降りている俺が避けようとしたら、
男の方が譲ってくれた。
「すいません」といって俺はミックスルームへ入った。
すると彼も入ってきた。
男は俺の傍に立ち、じっと見つめる。
じわじわと近寄り、色々触ってというときに、
男はゴロンと仰向きに寝ころんだ。
「来て~」

なんとなく気が進まなくなり、俺は部屋を出て、浴場へ行った。
しばらくして男も浴場に入ってきた。
湯船に浸かっていたら、男も入ってきた。
またじわじわとにじり寄ってきて、触りだした。
パブリックスペースではだめだろうと思ったが、
誰もいないのでそのままにしていた。
「さびしかった…さっきのところで待ってるから」
男はそそくさと出て行った。

今日は帰ることにした。
関連記事

ノーパン

今まで、

 帰宅→下着でいる→入浴→新しい下着を着る→就寝

というサイクルだったが、今年の夏から、

 帰宅→下着でいる→入浴→寝間着→就寝→起床→新しい下着を着る

に変更している。

朝、会社に行く直前に下着を着用することによって、
爽やかで気分がよくなると思ったからだ。
パンツを履かずに直接寝間着用の短パンを履くのはなかなか気持ちいい。
普通にノーパンでズボンを履いて活動すると擦れて痛かったりするが、
寝ているだけなら問題ない。
なんとなく寝勃起が強くなったような気がする。

関連記事

七三

愛想が尽きた、というよりも俺が勝手に好意を持って勝手に嫌ってる輪島
漏れ聞く噂ではまた不正ぎりぎりの手段を使おうとしていたようだ。
先月はどうやら未遂に終わったみたいだが、今後も油断はできない。
輪島のやり方は、旧来の泥臭い営業そのままだ。
そんな時代はさすがに終わっているのがわからないのだろうか。
ちょっとでもそんな兆候があれば、俺は指摘する。
別に輪島が憎いからではない。不正はだめだ。

輪島が前を歩いている。
ずっと継続的に減量を続けているとか言っていたな。
その甲斐あってか最近かなり痩せてきた。
しかし、尻だけは全然痩せない。
丸く突き出てスラックスをパンパンに膨らませている。
歩くたびにプリンプリンと左右に揺れる。お前は女か?マリリンモンローか?

輪島は嫌に恐縮して俺のいる事務所に入ってきた。
いつもそうだ。普段挨拶もしない癖に、何か用件があるときだけ、卑屈に寄ってくる。
俺は見ないでいた。
輪島は俺の部下に何かを尋ねた。
部下はエクセルのファイルを開いて輪島に見せていた。
しばらく操作していたが、よくわからないみたいだった。
結局部下は俺に質問してきた。
輪島は更に恐縮した風にぺこぺこしているが、俺は部下にだけ説明した。
俺が説明したことを部下は輪島に伝えた。
最後まで聞かずに輪島は走るようにして出て行った。
用件が済むと一瞬で用無しか。
礼ぐらい言えよ。

自動販売機の前でがちむちの同僚と立ち話をした。
最近の仕事の話。がちむちの同僚と共通の愚痴だ。
そこへ輪島がやってきた。
がちむちの同僚が軽く会釈をした。俺もした。
輪島はカップのコーヒーを買う。
そのまま自分の事務所に行くのかと思ったが、傍に立って飲みだした。
俺と同僚は話の続きを再開した。
輪島は黙ってにこにこしながらそれを聞いていた。
輪島にはわからない話だ。だからといって説明する気もない。
同僚も輪島には全く話をふらない。
でも、輪島は二人を眺めながらにこにこしている。
輪島の頭髪は今時珍しい七三。分かれ目が頭頂部でちょっと太くなる。
禿げてきているのだ。そのせいで、本当は昔の二枚目みたいな顔が、
人のよさそうなオヤジに見える。

この人は口下手なだけで、そんなに悪い奴ではないのかもしれない。
ふと、そう思った。
輪島は飲み干したカップを捨てて出て行った。
関連記事

«  | HOME |  »

プロフィール

恭介

Author:恭介
172×85×52

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。