FC2ブログ

2009-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まぐろのメリット

まだ日中はちょっと暑い。

顔を写さなければ、それほどまずくはないかと思っていたが、
昆虫体型であることを忘れていた。



最近オナニーをしなくなった。
発展場に行ってそこで出したら、やらなくてもいいようになってしまった。

やっぱり衰えてきたのかな。
ゲイの中年期の衰えをリアルタイムに記録されたものがあれば見てみたいが、
ないだろうな。

--------------------------------------

発展場の脱衣場に入ったとたん、以前何度か出会った男を見つけた。
顔を見た瞬間、(あちゃ)と心でつぶやいた。

別に悪くない(よくもないが)。
実際3回ほどお世話になっている。
顔を認識できていなかっただけで、実はもっとお世話になっているかもしれない。
というのも、まぐろさせていただいただけだから。
オナニーのかわり。

俺はもう誰専までもない。手さえあればいいというような感じだ。
この人に限らず、ほとんど最近はまぐろ。
よくてもせいぜい相互オナニーくらい。
セックスと呼べるものはほとんどやっていないように思う。

このブログで俺が発展場に入り浸っているように書いてるが、
本当に、本当にたいしたことはしていない。
少なくとも、このブログを始めてから、一度たりともアナル関係はたちもうけもやっていない。
どうだ?可哀想だろう。

これが貧しい性生活。

まぐろだと結局誰かはやってくれるような気がする。
それがこちら側の私情を挟むと急激に成功率は下がってしまう。
好き嫌いを言うと必ずだめになるのだ。

結果的にはより好みをしないのだが、それでもいつも最初はちょっと違う。
はじめはほんの少しだけ志が高い。
今日こそは豊かな性が見つからないだろうかと。

だから、(あちゃ)なのだ。

この人がリピーターだということは、多少なりとも俺に好感を持っているのだろう。
それにしても奇特な人だ。一体なにがいいのだろう。
以前この人にまぐろをさせてもらった時、俺は本当に何もしなかった。
ほとんど目をつぶっていたので、容姿もあまりわからない。
ただ、ごつごつとした手のひらが特徴的でそれはよく覚えている。
その手で扱いてもらうのは、ちょっと気持ちよかった。

でも俺は終始ふてぶてしい態度だったと思う。
裏返しにして体位を変えてみたいようだったが、俺は仰向けのまま。
ひっくり返そうとしても、だるまのようにごろごろと戻してしまう。
他人が覗き込んできたので、親切に布団を被せてくれたのだが、
暑いからすぐに足で蹴ってはぎとってしまった。
我ながら横着にもほどがあるが、めんどくさいのだから仕方ない。

目が合った気がしたら、やはりその人は微笑んだ。
やばいと思ったが、俺も釣られてにこりとしてみせた。

俺は急いで服を着て、逃げるように発展場を抜け出した。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
関連記事

ひとめぼれ2

エントリーに続きができた。
現実にこんなことがおきるなんて。


「ひとめぼれ」で俺が撮影した人から、なんとコメント(非公開)が入ったのだ。
山野さん(仮名)という方だ。ここをよく読んでいるそうだ。

にわかには信じられない。
あんな小さな画像で自分だと確信できるものだろうか。

俺は自主ルールを破って記載のアドレスにメールしてしまった。

翌日にメールが返ってきた。
ドキドキしながら開けて、読むとどうやら本当らしい。
日時、●●線の○○駅というところまで一致している。
年齢は俺より一つ上。わりと近くに住んでいるようだ。
俺が携帯で撮影していたことは気付かなかったが、
なんとなく見られていたのは意識したとのこと。

一度会いたいと書いてある。

俺も会いたい。
あの人ならば本当に会いたいが、幻滅されないだろうか。
多分ブログのイメージとは大分違うのだろうな。
別につくってるつもりはないが、現実とずれがでているのは自覚している。
きっとがっかりさせてしまうに違いない。

つづきは「全文を表示 »」を・・・


全文を表示 »

関連記事

ひとめぼれ

2度出会った。
駅と電車で。

最初は休日。
その男が俺の視界にかかっただけですぐに異変を感じ取ったよ。
あわてて見つめなおした。
そして思わず目をこすってしまった。
どこから見ても完璧。10(テン)。
うっとりする。
そよ風が吹いてきたような気分だな。

きりっとした顔立ちで、いかにも誠実そう。
昔の俳優みたいだ。
短髪には少し白髪が見える。その短髪はどういう職業だろう。
でかい腕時計をしてる。黒いポロシャツが似合う渋い人だ。

電車が来たので別れた。



2回目。
目を疑った。また会えるとは。
単なる偶然だろうが、それだけで気持ちはぐっと深まった。
名前も年齢も住んでるところも何も知らない。
これまでも、街で見かけた魅力的な男を時々書きとめてきたが、
2度と会うことはまずない。
最寄り駅でも何でもないのに。それが短期間に2度も。

半袖のワイシャツ姿。ネクタイをしている。
指輪はしていない。独身だったらいいなあ。
もっともっと見ていたい。
なんでもいいからもっと知りたい。



また会えるかな。
関連記事

«  | HOME |  »

プロフィール

恭介

Author:恭介
172×85×52

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。