FC2ブログ

2011-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。
1人でも多くの方々が救出され、1日でも早く復旧できることをお祈りしています。

俺が出来ることなど、本当にたいしたことではありませんが、協力、団結で
自分なりにがんばります。

本当にみなさん、どうか無事でいてください。がんばってください。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
関連記事

ふらふら5

「ふらふら」シリーズは続きを書いていました。

-------------------------------


むっちりが帰ってから、普通体型は爆睡した。

さっきの若者が戻ってきたが、俺とは一番遠い所で横になった。

だれも発展しない。


イビキだけが聞こえる。


どのくらい時間がたったかわからないが、イビキとは違う音がする。

そっと身体を起こして見てみたら、さっきの若者が自分のチンコを扱いていた。
どうやら、隣で寝ている男へのアピールのようだ。

若者がこっちを向いた。

見ていることに気付かれたようだ。
若者は手を止めて、また部屋を出て行ってしまった。


これ以上居ても仕方がないと思った。
朝までここで寝るのは辛い。

外に出た。


明日の朝は早い。近くのホテルに泊まる。

結局好き勝手で行動しているのだが、
発展は好き勝手出来ないということか。


そうだ、ホテルでオナニーをしよう。
関連記事

店長2

スポーツ用品店の店長がいつもと同じように店頭に立っていた。

夏は短髪だが、冬で髪を伸ばしても猫っ毛だからあまり印象が変わらない。
赤いジャージがよく似合ってる。

そうだ、この人は元自衛官だった。
あいさつだけではなく、話しかけてみたくなった。

「店長は予備自衛官ですか?」

「違うんですよ…」

やめる時に予備自衛官になるかどうかを聞かれたが、登録しなかったそうだ。

店長の制服姿をちょっと想像した。

近所の銀行の入り口に掲げられた日の丸の半旗が目に入った。
関連記事

ふらふら4

二人の内一人が、交代でマグロになって、もう片方が奉仕する。
それを何クールか繰り返した。

フェラはしないで、ひたすら扱くだけだった。
ときどき騎乗位みたいなことをするが、素股で結合はなし。

むっちりはやたらと腰を突き出そうとする。
仰向けになったマグロ状態でも、腰の下に枕を敷いていた。
チンコのカタチだけではなく、身体全体がチンコを頂点にしたアーク状なのだ。

(まるでXperia arcだな・・・)


むっちりの方が先に射精した。
荒い息使いで、まだはぁはぁ言いながらも、普通体型とタッチ交代をする。
そして普通体型のチンコをちゃんと扱きだした。
自分だけじゃないのだ。
そして程なく普通体型も射精した。

二人並んでしばらく寝ていたが、むっちりの方が起き上がり、
「マッサージ!」と言って、普通体型をうつ伏せにひっくり返した。
むっちりは普通体型の肩を手慣れた感じで揉みだした。
背中、腰とじっくり時間をかけていく。

前戯としてのマッサージはよくあるような気がするが、
後にするのがいいと思った。

なんだか愛があるな。
関連記事

ふらふら3

発展場には珍しく大きな窓があり、擦りガラスを通して
街の灯りがぼんやりと部屋を照らしている。
手探りで歩くような所が多いのに、ここはかなり明るい。

よく考えてみたら、ここで出来たことは一度もなかった。
客層はそんなに俺と違わないように思うのだが、一体なにが
いけないのだろう。
俺はなにか頓珍漢なことをしているのかもしれない。

そんなことをぼんやりと考えながら、隣の発展中の男を眺めた。

明るいだけではなく、寝具も一切ないので、全裸の二人の身体が
本当に良く見える。
むっちりと普通体型だ。

普通体型が一方的マグロかと思ったが、公平に交代してるようだ。

チェンジの時、むっちりが仰向けになると、彼の勃起したチンコが
露わになった。
黒いチンコは、太くて長いだけではなく、見事なアーク状だった。
きれいな弧を描くように亀頭が腹に向いている。

こんなのが直腸に入ったら凄いだろうな!

むっちりの色白の身体を、窓の灯りが赤っぽく染めている。
顔はよくわからないが、頭髪はスポーツ刈り風だ。
(明るい更衣室で見たら、警官か893のような人だった)
関連記事

ふらふら2

発展場のだれもいない浴場で一人、
体を洗っていたら、若者が入ってきた。
ふりむいたら、目が合った。
二人とも反射的に目を逸らした。

どんな容姿だったかもう一度見たら、またもや目が合った。

それだけでなんだか興奮してきた。
股間が熱くなる。

若者は先にあがった。
俺もちょっと遅れて続いた。

ミックスルームと呼ぶほど人はいない。

手前にイビキをかいて寝てる人。
その後ろで一組だけ激しく絡んでいる。

そのまた奥にさっきの若者がいた。

俺は取り込み中の一組と若者との間に寝そべった。

するとどうだろう。
若者はすっと立ち上がって出て行ってしまった。

(・・・・・・・)

いや別に期待してなかったわけじゃないが、そんなに嫌がらなくても。

俺は隣の取り込み中を眺めることにした。
関連記事

ふらふら

仕事がはやく終わったので、気まぐれに出かけた。

遠出をして、あまり行かない発展場へ。
しかし、その前にラーメンが食べたくなった。
ちゃんと夕食はとったのに。


発展に過食。

ちょっと以前にも書いたが、仕事以外は本当に好きなことをしてる。
なにかタガをはめた方がいいのかもしれない。

ラーメンを食べたら、性欲は収まるかと思ったら、
そうでもなかった。

(顔を隠したつもりでも、目が出ていた。食べ物で遊んではいけないな)

そして、ふらふらと発展場へ吸い込まれて行く…
関連記事

«  | HOME |  »

プロフィール

恭介

Author:恭介
172×85×52

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。