FC2ブログ

2014-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挽回

飲み会が終わって二次会があるような雰囲気。

「一緒に行きましょうよー吉田●長!」

隣の部署の北山が急接近してきた。
店を出た時には確か離れて歩いていたはずだ。

前回の飲み会の時、二次会に来なくて俺が文句を言った
ことをずっと気にしていたのだろうか。
だから今回は名誉挽回のつもりなのかもしれない。

北山はいつもよりにこにこしている。
一本の線で描いたゆるきゃらみたいな顔。

「さ、今日はどこに連れてってくれるんですか?吉田●長」

酔ってるとはいえ、異常に密着するのはなぜだ。
緩い腹や厚みのある胸をちょっと触ってみたくなる。

「今日は帰る。明日大変だから」

前回はあんなことを言っといて、ずいぶん勝手なもんだと自分でも思う。
いや、間違いが起こらないためには断るしかないのだ。

「えーーーー何でですかー」

ぬいぐるみが体当たりしてきた。

前回帰ってしまったことを必死で挽回しようとしていのだろう。
その機会を平気で潰してしまう自分。
かなり過剰な振る舞いをしているのなら、かわいそうな仕打ちなのかもしれない。
そんなに無理しなくていいのに。

「いや、やっぱり帰る。それよりトイレ行きたい」

「わかりました。じゃ、せめて俺と一緒に立ち小便しましょう!」

ドキッとした。一体何を言い出すのだろう。
そしてクラクラしてきた。
のんけは本当に怖い。

(惚れてまうやろー)

なんだか誤ってスイッチが入りそうだ。

俺は何も言えず、苦笑いしながら北山を振り払った。
スポンサーサイト
[PR]
[PR]

関連記事

ダブル

ホテルのフロントで、
「シングルでご予約を承りましたが、本日は高層階のツインかダブルのお部屋に
変更できますが?」
と言われた。
時々こんなことがあるが、なんのためになぜ配慮してくれるのかよくわからない。

以前から、出張の売り専とか抜きありのマッサージ師を呼んでみたいと思っていたが
今夜はチャンスかもしれない。

「ではダブルで」
「かしこまりました・・・本日1名様のご利用でしょうか?」
「は、はい」

元々シングルで予約していたのだ。
なぜそんなことをきくのだろう?
こちらの企てを見透かしているのだろうか?

広い部屋だった。

不気味なのと疲れたのとで、アダルトチャンネルのメニューだけ眺めて寝てしまった。
ダブルベッドも広くて快適だった。

タオルや歯ブラシ等は2人分あるのに、髭剃りは1つしかない。
ツインだと2つあるように思うが、ダブルで男2人は想定していないのか。


ちょっと前から思っているのだが、俺は目鼻口を隠してしまうと(ほとんどすべてだろ)
写真で見る限り、のんけ中年風になれる(かな?)

これなど頭髪がボサボサでよりのんけっぽく見えるかもしれない。
関連記事

«  | HOME |  »

プロフィール

恭介

Author:恭介
172×85×52

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。