FC2ブログ

2016-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから嬉しいこともあった。
しかし辛いことの方が圧倒的に多い。

ちょっと言い合いのようになってしまった。
それから伊東先生は目に見えるように避けらるようになった。
先生は近くにいるが、俺の領域の関わりからは薄くなった。
しかしそれだけではないだろう。
泥酔した夜中に、SNSを見たら俺だけ無視されていた。
たまらなく電話をかけたら、でなかった。
次の日もかかってこなかった。
不在着信はかけないのだろうか。
携帯があまり好きなひとではなかった。

もしかしたら、出なかったのではなく、かかったのかもしれない。
そして俺はとんでもないことを言ったかもしれない。
泥酔して記憶がなくなっているだけだったら‥

もう本当に耐えらえない。
スポンサーサイト
[PR]

関連記事

伊東先生、やっぱり離れてしまうのか。
しかも引っ越しまでするという噂まである。

なんだか胸が苦しい。動悸が激しくなる。
メンタルはわりと強いほうだったのに…
全身から力が抜けたみたいになる。

なんのために生きていけばいいのかわからない。
先生を追って会社をやめて、バカみたいだ。
先生は苦労人だろうが、やはり成功者だ。
俺となんか例え友達として付き合うのも不釣り合い。

俺がいるグループには冷たくなってきた。
なんだか本格的に疎外されだしたのかもしれない。
関連記事

もう疲れた。
伊東先生はいなくなるわけではないのだが、関わりは薄くなるのか?

翻弄されて、一喜一憂してズタズタだな。

先生の好きな酒を飲み干す。
俺など飲まれてしまったらいい。
前後不覚は気が楽だ。

関連記事

見た瞬間、喜びよりも不安が襲ってきた。
もうダメだ。
伊東先生は遠い存在になった。
そういうことだったのか。
先生の実力なら遅いくらいだ。
本当は大いに喜んであげなければいけないはずなのに。
不安で不安でどうしようもなくなってきた。

先生は4月1日に偉くなった。
大学のホームページを見て知った。


勇気を出して先生に電話した。
とにかく一言おめでとうと言いたい。
なかなか出てこない。
諦めかけた時に優しい声が聞こえた。
いつもと変わらない。
偉くなっても先生だ。
飲食店だろうか周囲が騒々しい。
早く切り上げるべきだと思ったら、
先生はいつものような雑談をはじめた。
前回会ったときの話の続きだ。

電話で話して少し落ち着いた。


次の朝、先生からメールが来た。

「ちょっと肩書きがかわっただけです。
むしろ吉田さんからお祝いの電話をもらったことの方が嬉しかったです」

読んだ瞬間、胸が苦しくなってきた。
先生、本当に昇格より嬉しいのか?
なんでそんなこと言うんだよ。
嬉しくてそして寂しくて、ほとんど泣いていた。
関連記事

伊東先生、他の学生と飲みに行ったんだな。
その学生のFacebookで楽しそうにしてる写真を見た。
先生の新しいスーツかっこいいね。

嫉妬で気が狂いそうだ。

そんな1週間だった。


関連記事

«  | HOME |  »

プロフィール

恭介

Author:恭介
172×85×52

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。