FC2ブログ

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生はやっぱり

俺は泥酔に近かった。
歪んだ知覚の中で、先生ファン女の猛攻はよく伝わってきた。
伊東先生はのらりくらりとかわしているみたいだ。

いつのまにか先生の好きなタイプの女性の話になっていた。
先生ファン女の話術がうまいのか先生は口を割っている。
先生はある女優をあげた。
その女優がでているドラマを録画しているらしい。

そして自分の研究室の助手は自分の趣味だとか言ってる。
かと思えば、別の先生の趣味だと訂正したり。
結局なんのことだかよくわからない。大事なところなのに。

そうか…やっぱりのんけか。
そりゃそうだろうな…

ショックだが泥酔しているから実感がない。
(こりゃ酔いが覚めた時が辛いだろうな)

今度は先生の恋愛観や経験について聞き出そうとしている。

もう聞きたくない。
いや聞きたい。

先生ファン女の執拗な手口には呆れる。
その辺を詳しく聞いて、興奮するのかな?
それとも自分の作戦に役立てようとしているのだろうか?

しかし先生はいい加減嫌になったみたいだ。
むしろ先生がセクハラ受けてる状態だろう。

先生は話を切り上げようとして、きっぱりと言った。

「恋愛は破滅につながると思ってます!」

あれ?どこかで聞いたセリフだ。
そうだ前回の飲み会で
「性的な快楽の追求は破滅につながる」と先生は言った。
それがきょうは恋愛に変わってる…

なんだかわからないが、いいぞ先生!

結局先生の恋愛観はわからなかった。
それでよかったのかどうか。
居酒屋が2時で閉店し、あと3時間で始発。
結局3人でカラオケで時間を潰すことにした。

カラオケに向かうまでに水辺の広場みたいな公園がある。
3人でふざけて水路ギリギリを歩いた。
例によって先生は結構すばしっこい。運動神経はいいみたいだ。
感心して見とれていたら、俺は足を滑らせてしまった。
ズボンはびしょ濡れになった。
いい大人が夜更けに3人で大笑いした。
なんだか本当に学生時代へ戻ってしまった。

濡れて気持ち悪かったけど、カラオケ店へ3人で入った。

先生は歌を知らないなんて言っていたが、古い洋楽を中心に結構歌う。
酔いがさめてきた俺も一緒になって歌った。
先生ファン女はカラオケが苦手とのこと。
形勢が逆転してきた。

先生ファン女は古い洋楽ならフレディ・マーキュリーが好きだそうだ。
俺はリモコンで入れてみた。
でも絶対に歌わないと必死になった。
(いや別にいいよ)

♪ I Was Born to Love You〜

先生が歌い出した。歌詞を見ないで歌えるみたいだ。
俺も一緒になって歌う。

画面にはフレディ・マーキュリーが鏡の前でくるくる回ってる。

こんな曲、夜明け前に男二人で歌ったらだめだろう。
さすがに俺はゲラゲラと笑った。
先生、本当に本当にのんけか?

多分のんけだろう。
でも好きな気待ちはどうにもならない。
もうわけがわからなくなっていた。

カラオケをでたらすっかり明るくなっていた。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]
[PR]

コメント

Re: タイトルなし

○○さん、こんにちは

楽しいです。昔に戻ったみたいです。
でも辛い。
なにやってるんでしょうかね、本当に。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chunenkyosuke.blog103.fc2.com/tb.php/932-a35ce3b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

恭介

Author:恭介
172×85×52

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。