FC2ブログ

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暮れも押し詰まってから、伊東先生に会いに行った。
大学のことではあるが、会えることが嬉しい。

この機会に、先生が本当に大学を変わるのかを聞き出そうと思った。
俺にそんな大事な話をしてくれなかったのは腹が立つ。

しかし、先生の顔を一目見ると怒りは吹き飛んでしまった。



なかなかその話を切り出すことができない。


終ってから、また先生と一緒に飲みにいくことになった。
これも嬉しい。

小心者だから、酔えばききやすい。
俺はどんどん飲んだ。
先生もどんどん飲む。

「吉田さんは正月どうされるんですか?」
「なにもしませんよー」
「じゃ僕と一緒じゃないですか」
「でも先生はご実家に帰られるんでしょ?いいですねー」

いつもより会話が弾んだ。

ほとんど呂律がまわらなくなった頃に、きいてみた。
先生は否定も肯定もしない。
話し方が急に慎重になった。
結局変わるけど、この大学にも残るような感じで、その辺りの事情がつかめない。

なんとも煮え切らない。
後味は悪いがそれ以上この話題は続かなかった。
そしてまた他愛もない話が続き、また先生は上機嫌に戻った。

でも先生は飲み過ぎてしまったようだ。
口数が減り、じっと目を閉じて動かなくなった。
こうして先生を眺めていると、やっぱり年下。
まるで後輩みたいな可愛さがある。

そろそろ潮時と思い、帰ろうと促した。
先生はもはや千鳥足にもならず、俺は体を支えて店を出た。
先生の体は思ったより柔らかく、じんわりと体温が伝わる。
そこへ先生の髪が俺の鼻先をかすめた。
もう理性を失いそうだった。すると、

「吉田さん!」
先生は急に口を開いた。

「伊東先生、なんですか?」
「吉田さん…」
「はい」
「…」
まただ。いつもの、なにを言いたいのかわからないやり取りが始まると思った。

「…吉田さんとはもっと早く知り合いたかったですね…」
「え?」
「もっと若い頃に出会ってたら、よかった…」

俺は急に酔いがさめた。

「伊東先生、本当にそうですね。そう思います!」
「…」

その言葉が意味することはなんだろう。
嬉しくて哀しくて、そして寂しくて涙がでそうになった。

多分終わりは近いのだろう。
だから「もっと早くから知り合いたかった」。

先生をタクシーに乗せて、別れた。
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

Re: タイトルなし

*****さん
コメントありがとうございます。
偉そうなんてとんでもないです。
どうなんでしょうね。ちょっと伝わりにくいかなと思って、本文を補足するような説明を書きました。
もう会えなくなるという意味が込められているように感じたのです。

送って行かなかったのは、先生が固辞したからなんです。
初詣は行きたいですが、先生は実家に帰ってしまいました。

地域のことですが、このブログを始めてから、いろいろな場所が出てきています。
新幹線の駅がある街だと思っていてください。

Re: タイトルなし

@@さん
いつもありがとうございます。
ちょっとニュアンスが伝わりにくかったので、本文を少々書き変えました。
嬉しいのですが、終わりが近いという予感もします。
決して両想いではありません。おそらく先生はのんけなのでしょう。
だから友達のような関係でいいのですが、でもそれすら、遠くなりそうです。

なんとも言えなない年越しになりました…

Re: タイトルなし

○○○さん
あけましておめでとうございます

のんけで友人以上の感情とはどんなものでしょうね。やはりそれは友人だと思うのです。それでも俺は一向にかまわない。ただ離れたくないだけですが、先生はそうでもなさそう。
歩いて行ける範囲に発展場があるのは、苦しいですね。もう後戻りはできないよ(笑)

Re: タイトルなし

@@@@@さん
あけましておめでとうございます。

うーん。疑心暗鬼になりますね。でも告白しているようには思えないのです。仮にしていたとしても、これ以上の進展を望んでいない感じ。
先生は俺にとってのドラえもんみたいな感じです。その例え、よくわかります。

俺をおかずにしていただくとは!
実物は確実に失望しますから、大変恐縮いたします。ありがとうございます。
よろしかったら、近況も書いてください。

Re: タイトルなし

●●さん
あけましておめでとうございます。
ありがとうございます。なんだか新年早々寂しい感じで申し訳ないです。
なかなか本心は言えないですよね。明らかに先生はのんけだと私は思っていますから。
言ったことで壊れてしまうなら、言わずに終わった方がいいように思うのです。

しかしいつまでこんなことを繰り返すのやら…

いつも拝読してますが、ここに書き込むのは久しぶりです^^

先生の「人懐っこさ」が、かえっておつらそうですね・・・。

お話を聞いていますと、やはり先生はのんけなんだろうなと思いますが、
先生からすると、仲の良い「男友達」「男仲間」ができて嬉しいっていう感じ
なのではないでしょうか。

そいう「男仲間」って、こっちの人よりももっと仲良しですよね。
酔っぱらった介抱のついでに、普通のサウナ(ハッテン系ではなくて・・^^)
にでも一緒に入って、裸を見せ合いながら「腹出てますね〜」とか
「最近は立ちが悪くて・・」くらいの会話もまったく大丈夫な気がします。

むしろ先生の悩み事を聞き出してみるなど、逆カウンセリングみたいな会話も
面白いのかも。
先生が恭介さんのことを(エロ話も、悩み相談も出来る男仲間として)必要に
思う気持ちが強くなれば、たとえ場所が離れても、ずっとつながってくれると
思いますよ。

Re: タイトルなし

junさん
お久しぶりです。輪島さんの記事以来でしょうか?
男仲間全然構わないのですが、疎遠になるのは辛い。これ以上は望みません。
サウナはちょっと頭をかすめましたが、やっぱりだめです。怪しまれると思います。
先生が言い出したら、連れて行きますけどね。

やはり先生と学生という立場をわりと考えているようです。
だから言えないこともあるみたいで、そこは寂しい。

今年もよろしくお願いいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chunenkyosuke.blog103.fc2.com/tb.php/954-82623f0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

恭介

Author:恭介
172×85×52

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。