FC2ブログ

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見た瞬間、喜びよりも不安が襲ってきた。
もうダメだ。
伊東先生は遠い存在になった。
そういうことだったのか。
先生の実力なら遅いくらいだ。
本当は大いに喜んであげなければいけないはずなのに。
不安で不安でどうしようもなくなってきた。

先生は4月1日に偉くなった。
大学のホームページを見て知った。


勇気を出して先生に電話した。
とにかく一言おめでとうと言いたい。
なかなか出てこない。
諦めかけた時に優しい声が聞こえた。
いつもと変わらない。
偉くなっても先生だ。
飲食店だろうか周囲が騒々しい。
早く切り上げるべきだと思ったら、
先生はいつものような雑談をはじめた。
前回会ったときの話の続きだ。

電話で話して少し落ち着いた。


次の朝、先生からメールが来た。

「ちょっと肩書きがかわっただけです。
むしろ吉田さんからお祝いの電話をもらったことの方が嬉しかったです」

読んだ瞬間、胸が苦しくなってきた。
先生、本当に昇格より嬉しいのか?
なんでそんなこと言うんだよ。
嬉しくてそして寂しくて、ほとんど泣いていた。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

Re: タイトルなし

○○さん
ご心配くださり、ありがとうございます。
まだ俺にもよくわからないのです。
今よりは関わりが減るような感じ。
あんまり知りたくないというのが、本音です。
それにしても先生は優しすぎるんですよ、のんけならなんのためなんだろう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chunenkyosuke.blog103.fc2.com/tb.php/975-9fec31c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

恭介

Author:恭介
172×85×52

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。