FC2ブログ

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊東先生と会わなくなってから数ヶ月が経った。
最後の飲み会のことを思い出す。

「先生、テンション低いけどなんかあったの?」
と俺にきいてきた学生がいた。
この人もいつもの先生と違うと感じていたようだ。
俺だけが冷遇されていたわけではなかったのかな?
なーんてまたいいように解釈してしまった。
今更ながら。

酔っ払っているからとはいえ、バカが先生に
「なんで結婚されないのですか?」
と不躾な質問をしたら、
「私の不徳といたすところで‥」
なんて茶化さず大真面目に答えていた。
俺を時々見つめながら話すので、助け舟を出してほしいのかなと思った。
かわいいやらかわいそうやら。
これもまたまたいいように解釈しているだけなのかもしれない。

「僕は縄文人みたいに髭が濃いですよ」
なんのアピールだったのだろうか。

「それは吉田さんが卒業したら教えてあげます」

お開きでは、
「じゃ吉田さんは僕と一緒に帰りましょう」

結構、心にしみること言ってたのだけどな。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chunenkyosuke.blog103.fc2.com/tb.php/995-75b16980
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

恭介

Author:恭介
172×85×52

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。